ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

未来を予告していた黒い手塚治虫 本当はエロチックで残虐な「黒手塚マンガ」のストーリー

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

【ご購入の前に】
本電子書籍には、紙版に収録されている写真は収録されておりません。あらかじめご了承ください。

手塚マンガに出てくる未来は明るいものばかりではない。むしろ、未来の戦争や人類の終末を描いたもののほうが多いくらいだ。代表作である「鉄腕アトム」の中でも、手塚は人間とロボットが共存するユートピアだけを描こうとしたわけではなく、人間の奴隷として働かされていたロボットが人間に対して反乱を起こすストーリーや、反対にロボットに人間が支配される世の中を描かれている。生誕90周年となる手塚マンガを通して、未来を再検証する。

作品詳細情報

タイトル:
未来を予告していた黒い手塚治虫 本当はエロチックで残虐な「黒手塚マンガ」のストーリー
ジャンル:
趣味エンターテイメントサブカルチャー
著者:
中野晴行
出版社:
徳間書店
掲載誌:
ファイルサイズ:
2.1MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2019-2-11 ]

 自分には何が黒いのか分からなかったし、どこまでをエロチックで残虐だというのかも分からない。

 手塚作品として世に出ている以上また今まで残っている以上その時々における世代に共感を与えていることになる訳で決して予告というわけでもないだろう。

 まっとうに世の中を描写し発展させた結果における作品でありいたって普通のものだと思う。