ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

メアリ・ポピンズ

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

空から風にのってやってきた、メアリ・ポピンズと不思議な世界へ。
安野光雅が描く、美しい絵の中へ遊びにゆきます。

ある日、ロンドンの美しい桜通りに住むバンクス家に、こうもり傘を差した乳母、メアリ・ポピンズが東風にのって現れます。彼女がやってきてから、子どもたちは大喜び。指をぱちんと鳴らすと、魔法がかかったように散らかった部屋が片づき、不思議な鞄からは何で日常の風景から、いつの間にか不思議な世界に入り、ひとしきり楽しむと、また当たり前の世界に戻る、空想物語の名作。
詩人・岸田衿子による軽やかな日本語訳と純粋な語感は、時を経ても色褪せず、安野光雅のあたたかく、ユーモアに彩られる空想あふれる絵は、心躍る世界を、そっと閉じ込めて思い出させてくれます。


著者について
作:トラバース(P.L. Travers)
イギリスの児童文学作家。本名はヘレン・リンドン・ゴフ(Helen Lyndon Goff)。1899年、オーストラリアに生まれる。1924年、25歳の時にイギリスへ移住し詩人としてデビュー。その後、児童向けの小説や詩を多数発表。1977年、大英帝国勲章受勲。

訳:岸田衿子(きしだ えりこ)
1929年、東京に生まれる。詩人・童話作家。岸田國士を父に持ち、妹は女優の岸田今日子。東京芸術大学油絵科を卒業。詩集に『忘れた秋』『あかるい日の歌』『いそがなくてもいいんだよ』。絵本、童話に『かばくん』『帰ってきたきつね』『プッポコとペッポコ』シリーズ。童詩集に『木いちごつみ』『かぞえうたの本』『へんなかくれんぼ』『森のはるなつあきふゆ』。エッセイ集に『風にいろつけたひとだれ』『草色の切符を買って』。翻訳にアーノルド・ローベル『どろんここぶた』などがある。

絵:安野光雅(あんの みつまさ)
1926年、島根県津和野町に生まれる。BIB金のリンゴ賞(チェコスロバキア)、国際アンデルセン賞などを受賞。1988年紫綬褒章、2008年菊池寛賞、他を受賞。2012年、文化功労者に選ばれる。主な著作に『ふしぎなえ』「『旅の絵本』シリーズ(全9巻)」(福音館書店)、『本を読む』(山川出版社)、『小さな家のローラ』『赤毛のアン』『あしながおじさん』(小社刊)などがある。2001年、津和野町に「安野光雅美術館」、
2017年、京丹後市の和久傳の森に「森の中の家 安野光雅館」が開館。

作品詳細情報

タイトル:
メアリ・ポピンズ
ジャンル:
文学・詩集外国文学
著者:
トラバース安野光雅岸田衿子
出版社:
朝日出版社
掲載誌:
ファイルサイズ:
33.1MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2019-3-7 ]

映画とは随分違ったお話。
こちらが原作なのだろうから変な感想だけれども、ジュリーアンドリュースの映画の方が有名なので、改めて読んでその違いに驚いた次第。
夜の動物園や、歯が生える前の双子の赤ちゃんの言葉の話など、映画にはないエピソードもとても魅力的なものばかりだ。
こっちのメアリポピンズは鏡に映る自分に見とれたりして、ずいぶんと人間ぽくて可愛らしいところもある。それでも東風に乗ってやってきて西の風になると去っていってしまう、その寂しい感じは変わりは無い。
この何となく寂しい感じは、ピーターパンとは反対の、ちゃんと大人になっていく物語だからなのだろう。

同じ著者の作品