ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

台風についてわかっていることいないこと

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

毎年、台風は日本列島を襲い、各地にさまざまな爪痕を残します。日本で暮らすうえで、台風から逃れることはできません。そんな台風を、私たちはどこまで知っているのでしょうか。観測や予測技術が発達し、台風がどの方向に進むとか、これから台風が発生するとかといった予報を私たちも手に入れることができるようになってきました。しかし、台風には多くの謎がまだまだあります。未解決の謎に挑む、新進気鋭の台風研究者たちが、「観測」「発生」「発達」「海との関係性」「予報」「温暖化の影響」というさまざまな切り口から台風について語りつくします。台風を広く、そして深く知ることのできる、贅沢な一冊。

作品詳細情報

タイトル:
台風についてわかっていることいないこと
ジャンル:
サイエンス・テクノロジー環境・地学
著者:
筆保弘徳山田広幸宮本佳明伊藤耕介山口宗彦金田幸恵
出版社:
ベレ出版
掲載誌:
ファイルサイズ:
13.3MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2018-10-19 ]

今年(2018年)は多くの台風が発生し、様々な地域で大きな被害がありました。
計画的な交通機関の欠航などもありましたが、台風の被害を含めた情報密度の高い予報(予測)はまだ確立されていません。

台風がどのように発生し、どのように発達していくのか、またその進路はどのようなものなのか、大気や海水面だけでなく、「海洋混合層」と呼ばれる部分も大きな影響を与えていること、そのほか様々な「気づき」を与えてくれる本です。

また、章末には「まとめ」として、その章に書かれていることが簡潔にまとめられていますし、コラムも充実しています。
内容的にも理系(地学分野)にある程度明るいほうが読みやすいですが(ゴリゴリの文系には読みにくい専門的な記述もありましたが、軽く流してしまっても大丈夫でした)、自分の生活の中で関係のある「台風」という気象についての本なので、「ふーん、なるほど」というテンションで読み進めることができました。
「今わかっていること」や「これからの課題」、「100年後の台風の予測」など、興味を持てる話題が多かったです。

同じ著者の作品