ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

オネエ産婦人科

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

(あらすじ)
主人公は、人とのコミュニケーションが苦手だが、「胎児の声が聴こえる」という特殊能力をもった産婦人科医師・橘継生(32歳)。
勤めていた総合病院で、担当患者が“産後うつ”で自殺してしまったことをきっかけに、バーンアウトしてしまう。
心機一転、地方の小さなクリニック・尾音産婦人科でやり直すことになったものの、
そこは、人情味溢れる「オネエ」の助産師や筋肉マニアでノリの良いゲイの院長、とても男性だったとは思えない美人心理士など、
様々なジェンダーかつ強烈で愛すべき個性をもった人たちが働いているクリニックだった。
思いもよらない環境にショックを受ける継生だったが、自分の中に無意識にもっていた偏見に向き合いながらも、自身が抱えたトラウマを乗り越え、医師として、人間として成長していく……。そんな、たくさん笑えて、ホロリと泣ける“命と家族の物語”。

<カバー+本文&キャラクターのイラスト>
鈴ノ木ユウ(漫画『コウノドリ』作者)

<推薦の言葉>
◎心の冷えた部分に、一枚、毛布をかけてもらえたような気持ちになれた。
――放送作家 鈴木おさむ
◎そばに寄り添って、よく頑張ったねと言ってもらえれば、もっと泣くことができる。例えば、オネエ産婦人科で私が産んでいたとすれば、それはそれは力強いだろう。
――歌手・作詞家 一青窈

作品詳細情報

タイトル:
オネエ産婦人科
ジャンル:
小説国内小説一般
著者:
豪田トモ
出版社:
サンマーク出版
掲載誌:
ファイルサイズ:
5.9MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2019-2-27 ]

心に傷を抱えた主人公が転職したのは、ちょっと変わった産婦人科医院。いや、ちょっとじゃないかも!?
でも、院長をはじめ、そのクリニックで働く人たちからは今までに感じたことがない優しさを感じる。

人は辛い経験を積んでいくたびに優しくなれると僕は思っている。他人の気持ちを本当の意味で分かることは出来ずとも、その人の心に寄り添ってあげることは出来る。
気の利いたアドバイスをもらうより「うん、分かるよ」「よく頑張ったね!」なんて自分を認めてもらえた方が心底嬉しいものだ。

ここに登場するクリニックのスタッフは、ゲイやレズビアン、バイセクシャルなどセクシャル・マイノリティーである。彼ら、彼女らは過去は本当の自分を隠して生きてきたが、今はここ〃オネエ産婦人科〃で自分らしく生きている。

そんなオネエ産婦人科の素敵な仲間たちと働くうちに、親とのトラウマから自分らしく生きることが出来なかった主人公の中で少しずつ変化が起きてきた。

人はたった一人で生まれてくる。
しかし、一人で生きていくことは出来なくはないが、親をはじめ色々な人と出会い、学びながら生きていくことで人生の彩りが豊かになってくるものだ。

スマホやネットが主流である時代の今、人とのコミュニケーションの取り方が苦手な人が増えている。得てして、大切なことをちゃんと言葉にして相手に伝えていないことが少しずつ人と人の間に溝を作っている。自分にとって大切な人ならば尚更だ。大切な人ならば、大切なことをちゃんと言葉にして伝えていこう。改めて、そんなことを感じた。

心の針に触れた一節
「愛は循環していくもの。誰かからもらった愛を、誰かに返す。その誰かがまた別の誰かにつなげていく。この世のすべてほつながっている。」


















同じ著者の作品