ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

PIXAR 〈ピクサー〉 世界一のアニメーション企業の今まで語られなかったお金の話

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

ジョブズが自腹で支えていた赤字時代、『トイ・ストーリー』のメガヒット、株式公開、ディズニーによる買収……。
小さなクリエイティブ集団をディズニーに並ぶ一大アニメーションスタジオに育てあげたファイナンス戦略!

アマゾンベストブック of 2016 (ビジネス&リーダーシップ部門)
フォーチュンが選ぶフェイバリットブックof 2016
ニューヨークタイムズも絶賛!

作品詳細情報

タイトル:
PIXAR 〈ピクサー〉 世界一のアニメーション企業の今まで語られなかったお金の話
ジャンル:
ビジネス・経済経営経営・経営学
著者:
ローレンス・レビー井口耕二
出版社:
文響社
掲載誌:
ファイルサイズ:
0.7MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2019-5-14 ]

お金があるから企業が伸びる訳ではない。
優秀な社員がいるから組織が栄える訳ではない。
カリスマリーダーだけで組織を引っ張れるものではない。
技術力のあるスタッフだけでは組織は世の中に受け入れられない。
自分自身を評価するタイミングと他者から評価されるタイミングは一致するとは限らない。
ピクサーだってそう、アップルだってそう、スティーブ・ジョブズだってそう。
ほんの僅かな期間のチャンスを勝ち取ったからこそ今の栄光がある。

私は、本田宗一郎のパートナーである藤沢武夫が好きなので、
スティーブ・ジョブズのパートナーになったローレンス・レビーにハマるのは至極当然なのかもしれません。

優秀なリーダーには必ず、無二のサブリーダーが存在する好例をまた見せつけられた良著でした。

同じ著者の作品