ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

甲子園で勝ち上がる 全員力

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

あらすじ

詳細を見る

内容紹介

大阪桐蔭を二度も追い詰めた
全員野球とは!?

野球がうまい者だけが戦力ではない。
「これだけは誰にも負けない」という者も
貴重な戦力としてベンチに入れ、
甲子園で何度も上位に進出。

全員で戦ってこそ
高校野球!!

著者は、以下のように述べています。

私は選手たちと同じ目線で練習に取り組み、上から押さえつけるような指導は決してせず、本校ならではの『全員野球』をスローガンに掲げ、チーム一丸となって戦ってきた。
なぜ私たちが、短期間のうちに甲子園で勝てるチームへと変貌することができたのか?
選手集めも行っておらず、地元の選手中心で構成されている本校が、なぜ大阪桐蔭と接戦を演じるまでに成長できたのか?
選手たちの自主性を育み、それぞれが「考える野球」を実践していくためには、日頃からどのような取り組み方をしていけばいいのか?
本書を読めば、きっとわかっていただけるはずである――本文より


著者について

中村好治(なかむら・よしはる)
1954年2月24日生。大阪府出身。浪商(現・大体大浪商)から専修大に進み、卒業後は社会人野球の鐘淵化学(現・カネカ)、神戸製鋼で主に外野手として39歳まで現役を続けた。引退後はリトルリーグやボーイズリーグの監督を経て、社会人野球の田村コピーの監督に就任。その後、日章学園の監督となり、就任3年目の2002年夏に同校を初の甲子園出場に導く。2007年から三重中京大のコーチを経て監督に就任し、則本昂大投手らを育て上げた。また、これで小中高大、社会人と、プロ以外すべての世代の監督経験を有することになった。そして、同大の系列校である三重高のコーチから監督となった2014年夏に甲子園出場を果たすと、チームを初の準優勝へと導いた。2017年夏の大会後に監督を退き、現在は総監督の立場となっている。

作品情報

詳細を見る
タイトル:
甲子園で勝ち上がる 全員力
ジャンル:
趣味スポーツ・アウトドアスポーツ
著者:
中村好治
出版社:
竹書房
掲載誌:
ファイルサイズ:
0.7MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード