ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

がんと向き合い生きていく

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

今、「がん」と診断されて、もっともっと生きるための心の持ち方と、治療の今を
腫瘍内科医で、都立駒込病院名誉院長の著者がやさしく説きます。
がん患者の心に迫った名著「がんを生きる」から、10年。
「もっと生きたい! 」を応援する、がんに負けない生き方、闘い方の312ページです。


1年間に「がん」と新しく診断される患者さんは
2018年、101万人を超えると推計されています。
2人に1人ががんになる時代を迎え、
診療の現場では、今日も患者さん本人に、
「もう治療法がありません」「あと3か月と思ってください……」
と告知されています。

「患者さんの心は、それで本当に大丈夫なのだろうか……」
2万人の患者さんと一緒に悩んできた、
日本屈指の腫瘍内科医は、がんと診断されてからの「患者さんの心」に
ひたすらやさしく向き合い、こう問いかけています。
「もっと生きたいですよね。もっと生きてください。私たちは応援します」と――。

本書は日刊ゲンダイ連載『佐々木常雄 がんと向き合い生きていく』(2017年2月7日付~2018年12月26日付)に加筆したものを、
新たに書き下ろした原稿とともに構成しました。br>

●著者紹介
佐々木常雄(ささき つねお)
腫瘍内科医。東京都立駒込病院名誉院長。
専門はがん化学療法、腫瘍内科学。
1945年、山形県天童市に生まれる。山形県立山形東高等学校、弘前大学医学部卒業。
青森県立中央病院から国立がんセンター(当時)を経て、1975年より、
東京都立駒込病院化学療法科(現・腫瘍内科)に勤務。
2008年から2012年まで同院長。がん専門医として、2万人以上の抗がん剤治療に携わり、
2000人以上の最期をみとってきた。日本癌治療学会名誉会員、日本胃癌学会特別会員、
癌と化学療法編集顧問、東京都がん対策推進協議会委員、日本対がん協会評議員などを務める。
著書に『がんを生きる』(講談社現代新書)、『こころに寄り添う緩和ケア』(共著:新曜社)、
『がん診療パーフェクト』(共著:羊土社)などがある。

現在は、公益財団法人結核予防会複十字病院(東京都清瀬市)で週1回、
花の谷クリニック(千葉県南房総市)で月1回、それぞれ外来診療にあたっている。

作品詳細情報

タイトル:
がんと向き合い生きていく
ジャンル:
実用暮らし・家庭家庭医学
著者:
佐々木常雄
出版社:
セブン&アイ出版
掲載誌:
ファイルサイズ:
62MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

同じ著者の作品