ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

眠っているがんを起こしてはいけない。

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

・がん治療に殺されないための心得。

・著名人の闘病を例にあげながら、わかりやすく語ります。

・がんもどき理論から「消えるがん、暴れるがん」の実証へ。

・「がんを暴れさせない方法は、確実にある。」(本文より)

・手術、抗がん剤、人間ドックやがん検診で命が縮む怖ろしい実情。

・食事療法でやせてはいけない!

・有料免疫療法はサギ。

・分子標的薬、オプジーボなど「夢の新薬」の闇のカラクリ。

・休眠がん細胞の存在、がんが暴れる現象やしくみ、がん細胞は生まれた直後に転移すること、転移しても眠っている場合があることなど、基礎研究の進展で次々と実証。

・眠っているがんを起こさなければ、余命は伸びる!

・医者の言いなりにならない、ケース別の対処策も解説します。



<目次より>

1.著名人は、なぜ急死するのか?

2.休眠がん細胞が暴れる

3.抗がん剤の闇

4.がんが消える

5.人間ドックとがん検診

6.やせてはいけない

7.新薬の闇

8.オプジーボ

9.がん放置療法

作品詳細情報

タイトル:
眠っているがんを起こしてはいけない。
ジャンル:
実用暮らし・家庭家庭医学
著者:
近藤誠
出版社:
飛鳥新社
掲載誌:
ファイルサイズ:
3.1MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2019-6-5 ]

「近藤理論」を分かりやすく総括的に記述した図書です。なぜ医者ががん治療において手術・抗がん剤への引き込むのか? 最近医薬業界と医者の「癒着」が東京新聞で特集されていますが、そうした報道を見るにつけ、さもありなん、という感じです。医者を前にして、異なった考え方を主張し、拒絶することはかなり難しいだろうと思いつつ、つまるところ自分の心身の問題なのだ、ということを忘れたくないです。

同じ著者の作品