ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

一九三三年。次なる旗艦の建造計画をめぐり、海軍上層部は対立していた。巨大戦艦建造を標榜する戦艦派の計画案に、数字上の虚偽を疑う空母派は、ある数学の天才に不正を見破らせようとする。数学の真理は、巨大戦艦―大和―の建造を阻止できるのか? 大日本帝国海軍が歩んだ激動の時代を、美しき若き天才数学者・櫂正の生き様を通して描く感動作。★★★★★★★★★★★★★★映画「アルキメデスの大戦」主演・菅田将暉 監督・脚本・VFX 山崎貴(「永遠のゼロ」「海賊と呼ばれた男」)原作・三田紀房2019年7月26日公開!★★★★★★★★★★★★★★

作品詳細情報

タイトル:
小説 アルキメデスの大戦
ジャンル:
小説ミステリー・サスペンスミステリー・サスペンス(国内)
著者:
佐野晶三田紀房
出版社:
講談社
掲載誌:
ファイルサイズ:
0.1MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2019-8-19 ]

菅田将暉が好演しているというので、まず映画を見た。アメリカとの戦争が始まる前、海軍では、航空母艦派と戦艦派の争いがあった。航空母艦派はもちろん山本五十六で、かれはこれからの戦いが飛行機が優勢になると考えていた(これは開戦すぐの真珠湾やマレー沖海戦でイギリスの戦艦二隻を日本の飛行機が撃沈したことで証明されるのだが)。しかし、戦艦派は戦艦こそが戦の中心だという。あたかも戦国時代に鉄砲が現れたときに、剣や弓矢で闘うような発想だった。両派の戦いは、予算案をめぐって行われた。戦艦派は巨大戦艦であるのに、航空母艦よりも安く見積もっていた。この謎を暴こうとしたときに現れたのが、帝大で数学の天才と言われた櫂直(菅田将暉)だった。かれは小さい時から美しいものがすきで、美しいものはすぐ巻き尺で測りたくなる習性があった。かれは尾崎財閥の当主に気に入られ、娘鏡子の家庭教師をしていたが、娘のあまりに均整のとれた顔立ちや体を巻き尺で測ろうとしたときに、尾崎家の人たちに押し入られ、帝大も退学せざるを得なくさせられた。そんな櫂に目をつけ、戦艦派の平山予算案の問題を解かそうとしたのが山本たちだった。会議までは2週間、この間にいくたの困難を越えて櫂は解答を得るのだが、会議であかされた予算案の謎に茫然としてしまう。山本たちは敗北するも、櫂は平山案の致命的問題をつかんでいた。このままでは船はまっぷたつになってしまう。平山は櫂のことばに納得し、敗北を認めその場から立ち去る。しかし、平山はやがて櫂を呼び、その解答式を教えてくれるよう頼む。櫂は平山の大和の模型を見て、その美しさに見とれ、解答式を教えてしまうのだ。一方、小説では、櫂は教えるものの、鏡子とともに出奔し姿をくらましてしまう。

同じ著者の作品