ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

絵を見る技術 名画の構造を読み解く

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

同じ絵を見ても、プロと素人では、見ているところが違っていた!?
★予約殺到! 大人気のビジネスマン向けビジュアルリテラシー講座、待望の書籍化!

・なぜ、この絵に惹きつけられるのだろう?
・この絵の主役はどこ?
・前情報なしに、どう見たらいいの?
・バランスや構図が良いとか悪いとか、みんな何を見て言っているの?

ちゃんと絵の中にヒントがあるんです。
センスがなくても、知識がなくても、目の前の絵画を「自分の目で見る」、
そして「良し悪しを判断する」ことは、できるんです。
謎を解くカギは、ぜんぶ絵の中にあります。

絵の研究は、「意味」と「形」の二本柱。
この本では、これまであまり触れられてこなかった、「造形」の面から歴史的名画を見ていきます。

描かれたモノを「見る」ためには、少し見方を訓練していないと気づかないものです。

ダ・ヴィンチ、ラファエロ、ルーベンス、
ベラスケス、フェルメール、ゴッホ、セザンヌ――
超有名なあの名画、知られざるあの傑作、
どう見たらいいか迷う抽象絵画、20世紀を代表する写真まで――

どう見たらいいか、初めて分かるようになります。たくさんのカラー作品が練習問題。
はじめて見る絵でも、パズルを解くように絵を読み解いていく面白さ、
味わってみませんか?

「どういう絵に対しても使える本書で紹介した絵の見方は、
コンパスのような役割を果たしてくれるはず。
名画がどうして名画と呼ばれるのか。
今まで見ようとしなかった真実が、きっと見え始めるでしょう」――著者

作品詳細情報

タイトル:
絵を見る技術 名画の構造を読み解く
ジャンル:
趣味アート・デザイン美術総合
著者:
秋田麻早子
出版社:
朝日出版社
掲載誌:
ファイルサイズ:
284.5MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2019-7-7 ]

たくさんの見る技術が書かれているので、すぐに完全応用とはいかないだろうが、美術館に行くたびに使ってみて、身に着けていきたいものだ。絵画には、科学、数学の面もあるということだと思う。名画の条件がいろいろ分かるのだが、ここでは取り上げていないデッサン力などの絵画技量も落とせないポイントだろうな。フォーカルポイント、ストッパー、視線誘導、リニア・スキーム(バランス)、カラー・スキーム、構図の定石、等分割パターン、ラバットメント・パターン、直交パターン、黄金分割パターン、ルート矩形、輪郭線、疎か密か、質感、形の反復、共線性(主要ポイントを一致させる)、ガムット(傾きを揃える)などの技術が盛りだくさん。今まで知らなかったことが、いっぱいあった。カラー、白黒を交えて名画がたくさん掲載されていて、とても分かりやすい。是非ともお勧め!