ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

あらすじ

詳細を見る

てんかんでも、自分らしい人生は手に入る!
20年以上、患者の自立を支えてきた「てんかん専門医」が教える
正しい薬の知識、発作のコントロール、生活上の注意点とは――

てんかんは、脳の過剰な興奮が引き起こす発作をくり返す病気である。
約100人に1人が発症するといわれ、日本には約100万人ものてんかん患者がいると推定されている。
そんな身近な病気にもかかわらず、てんかん患者の実情はあまり知られていない。
実はてんかん患者の中には、就労や結婚、出産などをあきらめ、引きこもってしまっている人が大勢いる。
理由としては、いつ起こるかわからない発作を恐れ、自ら引きこもってしまうこと以外にも、
患者の家族が過保護になってしまい、患者を外に出さないようにしてしまうことがあげられる。
加えて、発作を抑えるための投薬治療や外科手術がきっかけとなり、
うつや幻覚といった精神症状が引き起こされ普通の社会生活を送ることが困難になってしまうという要因もある。

著者は、精神科医として、発作のコントロールだけでなく、
患者の就労や結婚などのQOL(生活の質)の改善に20年以上携わってきたてんかんの専門医。
著者はてんかん患者が社会に参加できていない事態を問題視しており、
てんかんの発作を止めることを目的とした治療に疑問を抱いている。

本書では、てんかん患者たちの実情を明らかにしつつ、
てんかんの発作を抱えていても就職・結婚・出産など自分らしい生活を送るための正しい方法と、社会参加への道筋を紹介する。

作品情報

詳細を見る
タイトル:
てんかんでも大丈夫
ジャンル:
医学・薬学・福祉医学
著者:
福智寿彦
出版社:
幻冬舎メディアコンサルティング
掲載誌:
ファイルサイズ:
7.5MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード