ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

あらすじ

詳細を見る

発火、料理、消毒、肥料、発酵、製紙、染料、陶芸のほか香道や茶道にも道具や材料として、灰は日本人の生活を支えてきた。また童話の中には「灰かぶり姫(シンデレラ姫)」に似た話が世界にあることを見出す。食生活、社会、風俗、宗教、芸術に分け入り、身近な生活必需品=灰の科学と神秘性を解き明かす。灰の負のイメージを払拭する画期的な作品。


目次

Ⅰ 灰の生いたち

灰の誕生と埋火(うずみび)のこと
灰の成分と用途、そして灰屋のこと

Ⅱ 灰と食
食べものと灰
酒と灰
醤油・味噌と木灰
海藻と灰
料理と灰汁(あく)

Ⅲ 灰の恵み
和紙・織物と木灰
染料・染色と木灰
やきものと灰

Ⅳ 灰の効能
薬と灰
「秘術伝書」と灰

Ⅴ 灰の恐怖
火山と灰
死の灰

Ⅵ 灰と高貴
茶道・香道と木灰
習俗・宗教と灰
文学と灰

作品情報

詳細を見る
タイトル:
灰と日本人
ジャンル:
心理・思想・歴史言語・文化文化・民俗
著者:
小泉武夫
出版社:
中央公論新社
掲載誌:
ファイルサイズ:
1.2MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

同一著者の作品