ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

ローマ教皇フランシスコ守護霊の霊言 ―コロナ・パンデミックによるバチカンの苦悶を語る―

保有ポイント 0

あらすじ

詳細を見る

なぜ、私が祈りを捧げても、
神は沈黙を守られているのか。

新型コロナウィルス感染拡大の
猛威にさらされているイタリア。
天上界のイエスの真意と
ローマ教皇の守護霊の考え、
その違いを対比しながら
コロナ危機の本質と打開策を
またひとつ明らかにする。

・中国共産党と習近平をどう見ているのか
・日本とアメリカ、そしてイギリスに対する考えとは
・イエスの声が幸福の科学に降りていることについて
・すべてのキリスト教徒に贈るメッセージ

【平和を祈り、
 和解を求めるだけでは
 神の願いには届かない。】


■■ しゅ・ご・れい【守護霊】 ■■
人間の潜在意識のことで、あの世から地上にいる人を守る過去世の魂。タテマエではない本音を語る性質がある。

■■ フランシスコの人物紹介 ■■
1936年~。第266代ローマ教皇。アルゼンチン・ブエノスアイレス生まれ。本名はホルヘ・マリオ・ベルゴリオ。2013年、ベネディクト16世が生前退位を選んだことに伴い、教皇に選出された。質素で謙虚な人物として知られ、教皇名も、清貧を説いたアッシジの聖フランチェスコにちなむ。イエズス会出身で、ラテンアメリカ出身初の教皇でもある。

作品情報

詳細を見る
タイトル:
ローマ教皇フランシスコ守護霊の霊言 ―コロナ・パンデミックによるバチカンの苦悶を語る―
ジャンル:
心理・思想・歴史宗教宗教・その他
著者:
大川隆法
出版社:
幸福の科学出版
掲載誌:
ファイルサイズ:
18.4MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

同一著者の作品