ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

コミック

女性コミック

男性コミック

小説

ラノベ

雑誌

趣味・実用

ビジネス

保有ポイント 0
あらすじ・作品情報
奈良時代の後期に成立し、短歌・長歌など四五一六首を収める『万葉集』。歴代天皇や皇族、宮廷貴族、律令官僚がおもな作者だ。他方で防人、東国の農民、遊女といった庶民の歌も含む。幅広い階層が詠んだ、きわめて日本的な「国民文学」のイメージで語られるが、それははたして妥当か。古代日本が範を仰いだ中国の詩文の色濃い影響をどう見るべきか。代表的な歌々を紹介・解説しつつ、現存最古の歌集の実像を明らかにする。
タイトル:
万葉集講義 最古の歌集の素顔
ジャンル:
文学・詩集詩・短歌・俳句短歌・俳句
著者:
上野誠
出版社:
中央公論新社
掲載誌:
ブックパス配信開始日:
2021/02/12
書籍発売日:
2020/09/25
ファイルサイズ:
6.5MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

この作品の関連テーマタグ