ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

コミック

女性コミック

男性コミック

小説

ラノベ

雑誌

趣味・実用

ビジネス

強い組織をつくる オンライン時代の戦略的リモート・マネジメント

保有ポイント 0
あらすじ・作品情報
【リモートワークでも組織を強くする、新時代のマネジメント術!】
2020年、新型コロナウイルス感染症の流行により、図らずも多くの企業で取り入れられたリモートワーク(テレワーク)。感染拡大は1年経っても収まらず、現在も多くの人がオンラインで働いている。
自宅で仕事ができる自由を享受できる一方で、「なぜか疲れる」「チームがギクシャクする」といった戸惑いを感じることも少なくないだろう。
リモートで快適に働くためには、どのような心構えが必要なのか。コミュニケーション量が減る中で、マネージャーはどのようにチームを率いるべきか。ランサーズ取締役の曽根秀晶氏が解説する。

【目次】
はじめに

10年後の未来がいま目の前に/「フリーランス的」な社会の到来/会社という「虚構」を編みなおす/よりよい未来をつくっていくために

第一章 リモートワーク時代の「良いマネジメント」とは

リモートワークを4象限で考える/「時間分析」でメリハリをつける/リモートがあぶり出した「不要」とは/いつのまにかミッションが希薄化/コロナ下で設定した「リモート憲法」/時間に加え、空間も設計する

第二章 リモートワーク「よくある悩み」にお答えします

「お疲れさま」もDXを/「背中を見せる」に代わる方法とは/チーム運営に必要な2つのポイント/リアルで生まれる偶然を代替できるか/「総フリーランス的社会」をどう生きる

第三章 リモートワーク時代「人事」に求められること

一人ひとりの「従業員体験」が重要/人事の派出所「HRBP」とは/ダイレクト形式に変わる採用/成果主義は本当に合理的なのか/行動を客観的に評価するために

第四章 「働きがい」のある組織をどうやってつくるか

経営者が担う、組織のWell-Being/社員にミッションを浸透させる「ミサ」/オフィスは集まり交流する「メッカ」へ/「働きやすさ」よりも「働きがい」

おわりに
タイトル:
強い組織をつくる オンライン時代の戦略的リモート・マネジメント
ジャンル:
ビジネス・経済経営企業・組織論
著者:
曽根秀晶
出版社:
ニューズピックス
掲載誌:
ブックパス配信開始日:
2021/06/18
ファイルサイズ:
3.5MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード