ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

コミック

女性コミック

男性コミック

小説

ラノベ

雑誌

趣味・実用

ビジネス

なぜ大手の自動車メーカーは失敗し、田舎の車販売店がサブスクで成功できたのか?

保有ポイント 0
あらすじ・作品情報
サブスクマーケティングには、フォードやBMW、TOYATA等、多くの有名企業が参入しているものの、苦戦を強いられています。
著者は、長野県佐久市で月々4980円から軽自動車に乗れる「定額エコノリくん」というサブスクサービスを展開、成功を収めました。
地方は、通勤、買い物、などのために車が必需品であり、一人1台ずつ、複数の車をもつ家も珍しくありません。
そのため、なるべく車にお金を掛けたくないというのが本音です。故障や不具合が起きると非常に困るのですが、
女性や高齢者層はメカに詳しくない人がほとんどで、メンテナンスや車検の手間を省きたいと感じている人もたくさんいます。
こういった状況を踏まえて、安く、手軽に車に乗れる仕組みを作り出そうと決意しました。
「ユーザーがいくらなら安いと感じるか」「どの手続きを面倒に感じているのか」など、
カスタマーインサイトにとことん向き合った結果、カスタマーエクスペリエンスを満たす事業モデルにたどり着いたのです。
本書は、中古軽自動車のサブスクサービスを作り出したプロセスを踏まえながら、
顧客ニーズとの向き合い方、事業モデルの作り方、仕組み化のポイントを公開します。
タイトル:
なぜ大手の自動車メーカーは失敗し、田舎の車販売店がサブスクで成功できたのか?
ジャンル:
ビジネス・経済仕事の技術・スキルアップマーケティング
著者:
岡野茂春
出版社:
幻冬舎メディアコンサルティング
掲載誌:
ブックパス配信開始日:
2021/08/02
書籍発売日:
2021/07/28
ファイルサイズ:
7.5MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード