ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

マルクス・アウレリウス「自省録」

通常価格:1,000円 → 値引き価格:700円
2019/6/28 0:00まで

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

2世紀後半ローマ皇帝となったマルクス・アウレリウスはまたストア派の哲学者でもあった。万有は神的理性(ロゴス)に統率されるという合理的存在論に与する精神構造を持つ一方で、文章全体に漂う硬質の無常観はどこから来るのか。自身の心に向かって思念し、心内の軋み・分裂・矛盾をごまかすことなく真摯に生きた哲人皇帝の魂の声。碩学による待望の新訳。(講談社学術文庫)

作品詳細情報

タイトル:
マルクス・アウレリウス「自省録」
ジャンル:
心理・思想・歴史哲学・思想
著者:
マルクス・アウレリウス鈴木照雄
出版社:
講談社
掲載誌:
ファイルサイズ:
0.2MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2007-4-21 ]

ストア哲学の結晶とも言える著作。
著者はローマ皇帝。その義務の合間の、僅かな余暇を割いて、彼が本来求めていた哲学に立ち戻り、思索を書き綴ったもので、自分自身に宛てて書いたものである。
彼の義務と天性の齟齬を痛ましい程に実感しながらも、なお、人間として与えられた義務を果たす為に自ら叱咤し、励ます筆致は、これまで、同じような境遇にあった多くの人々を励まし、また未来においても励ましてゆくのだろうと感じられる。
岩波文庫に神谷美恵子の訳もある。
神谷訳は旧字体の語調(現行版では字体は勿論改められている)で、皇帝の苦悩を前面に押し出した訳文という印象。
一方でこちら鈴木訳の印象は、補語を多く使用しており、文体も現代文的で、断定的で敢然とした感じがある。

同じ著者の作品