ブックパス

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

走れUMI

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

かつて捕鯨で栄えた、入り江の奥の小さな港町。僕は母さんの実家のミカン山で暮らすことになり、生まれ育ったこの町を離れた。一年後の夏、僕は父さんとジイチャン、後ろ足を失くした犬のコロが暮らす故郷を目指して、ひとり相棒のマウンテンバイクUMIのペダルを漕ぎ出す。小学館児童出版文化賞受賞作。(講談社文庫)

作品詳細情報

タイトル:
走れUMI
ジャンル:
児童よみもの
著者:
篠原勝之
出版社:
講談社
掲載誌:
ファイルサイズ:
0.1MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2015-12-29 ]

かつて捕鯨で栄えた港町に住む洋は両親の別居により、母親の実家のミカン山で暮らすことになる。そこでの生活に馴染めない洋は、1年後の夏に故郷の町を目指してマウンテンバイクUMIのペダルを漕ぎ出すのだった。
少年の成長が実に真っ直ぐ真正面から書かれています。マウンテンバイクでの旅の話がメインかと思ったのですが、その部分はあっさりとしており、クライマックスも海の上で肩透かしをくらった感じもあります。しかし少年の心の象徴としてマウンテンバイクが素敵な役割を果たしています。
また実に読後感が爽快なんですね。それはいわゆる「悪者」を出していないからかも知れません。何かが変わってしまった母親にも、転校先でちょっかいを出してくる上級生や馴染めないクラスメイトにも、故郷を離れることになった境遇にも、洋は敵意を示さないのです。自分の問題として自分が変わることを目指し、自らに宿題を課す。その姿がいじましくもかっこよく、目を細めてしまいます。きっと同年代の読者にとっては、背中を押してくれる姿となるでしょう。
作者はあのゲージツ家のクマさんですね。このような物語も書かれているのだと驚きました。

同じ著者の作品