ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

不連続の世界

恩田陸
(112)
価格:542(税抜)

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

妻と別居中の多聞を、三人の友人が「夜行列車で怪談をやりながら、さぬきうどんを食べに行く旅」に誘う。車中、多聞の携帯に何度も無言電話が・・・・・・。友人は言った。「俺さ、おまえの奥さん、もうこの世にいないと思う。おまえが殺したから」(「夜明けのガスパール」)――他四篇、『月の裏側』の塚崎多聞、再登場。恩田陸のトラベル・ミステリー!

作品詳細情報

タイトル:
不連続の世界
ジャンル:
小説国内小説一般
著者:
恩田陸
出版社:
幻冬舎
掲載誌:
ファイルサイズ:
0.7MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2018-7-21 ]

『月の裏側』より先にこちらを読んでしまいました。以下、軽いネタバレ含むので注意。



「木守り男」
木守り男を見ると大いなる災いが起きる……というネタ振りはともなく、結局のところ木守り男とは?と、一番分からんかった作品。
すいません。

「悪魔を憐れむ歌」
聴くと死に誘われるという、禁断のセイレン(セイレーン)のテープを探しに向かうと……。
この展開、ゾワゾワ!
都市伝説に迫る、みたいなね。
山の声というのも、分からないなりに不穏な気配があって、そんな得体の知れない人の家でなんで晩御飯食べられるんだよ、とツッコミたくなる。

「幻影キネマ」
撮影現場を見ると、自分の周りの人が亡くなる。
そんなの偶然でしょ、と言いたいけれど、またもや予告の切り傷が見えて。
この話の真相が怖すぎる。
赤い犬と思っていたら、実は……。
ぎゃああー!

「砂丘ピクニック」
砂丘が消える話を追いかけていたら、施設に入っていたミニシアターからもお客さんが消える。
そして、ミニシアターからお客さんが消えた真相は明かされないまま、謎だけが残る。
え。なんで?
むしろ、そっちの方が怖すぎる。

「夜明けのガスパール」
軸となっていた多聞が、回り回って当事者になっているという、世にも奇妙な話。
夜行列車の中で友人たちと怪談話をするのだけど、そこで多聞が語った内容からクライマックスまで、巧みにゾッとさせられる。

全体を通して、ミステリーというよりは、ほとんどホラーだと思う。
そして、オビに壮大なネタバレが施されているのも、またホラーである。

ちなみに解説で、理想のキャラクターが『上と外』のニコというのが分かって、ちょっと嬉しい。

同じ著者の作品