ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

コミック

女性コミック

男性コミック

小説

ラノベ

雑誌

趣味・実用

ビジネス

ロボットはなぜ生き物に似てしまうのか 工学に立ちはだかる「究極の力学構造」

保有ポイント 0
あらすじ・作品情報
ワイヤ駆動のヒューマノイドが、実はウマにそっくりだった! 自走するお掃除ロボットは「生きた化石」に酷似していた! ガラスを割らずに掴むロボットハンドが似てしまった、人体の意外な一部とは? 技術の粋を詰め込んだ先端ロボットが、なぜか生き物の体構造に近づいていく――。工学の視点から初めて見えてくる「生体」の精巧な力学構造を解き明かし、生き物の限界を超えるロボット機構学の挑戦を語る。(ブルーバックス・2012年4月刊)
タイトル:
ロボットはなぜ生き物に似てしまうのか 工学に立ちはだかる「究極の力学構造」
ジャンル:
サイエンス・テクノロジー工学
著者:
鈴森康一
出版社:
講談社
掲載誌:
ブックパス配信開始日:
2014/07/01
書籍発売日:
2012/04/20
ファイルサイズ:
22.9MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード