ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

本当は怖い韓国の歴史

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

韓流歴史ドラマは、史実とかけ離れた、彼らの幻想・願望の産物である!古代から近世まで、2000年間に960回も異民族に侵略された朝鮮半島の歴史は、苛酷そのものだった。軍は敗走、為政者は逃げ、政府は瓦解、庶民の生活は辛酸を極めた。外敵に翻弄され、名君も英雄も存在しなかった悲惨で救いのない歴史を何とか塗り替えたい、そんな願望が産み出したのが、あの波乱と感動あふれるドラマ群なのだ。コリア・ウォッチャーとして40年、日韓の歴史に精通した著者が数々の韓流歴史ドラマを解剖し、安易にその内容を信じることの危険性を説いた現代日本人必読の書!

作品詳細情報

タイトル:
本当は怖い韓国の歴史
ジャンル:
心理・思想・歴史歴史・地理世界史
著者:
豊田有恒
出版社:
祥伝社
掲載誌:
ファイルサイズ:
1.3MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2013-5-23 ]

著者の自慢話が少々面倒臭いけど、韓国史劇を実例に史料と対比して史実と虚構を指摘していく手法は興味深く、まだ見ていないドラマは見てみようかなという気になりました。

豊田有恒氏、子どもの頃はSF作家としての認識だったけど、邪馬台国関係の本を出されているのをみて「あれ?」、今回の本で「あれれ?」…そうだったんだ^_^;

同じ著者の作品