ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

グローバリズムという病

読み放題
4/1 0:00まで
価格:1,200(税抜)

読み放題プラン:初回入会時30日間無料

読み放題プラン(総合コース)に入会して読む 購入して読む

作品情報

あらすじ

内田樹氏推薦!
「これは平川君の書き物のうちでも最良のもののひとつだと思う。
僕はこの本のすべての頁に同意署名できる。」

東洋経済ブックスオンラインの人気連載を加筆・修正し単行本化。
著者が、常々感じていたグローバリズムというものに対する違和感を綴った経済エッセイ。

グローバル企業、グローバル人材などの「グローバル○○」という用語。
ニューストピックなどで見かけない日がないといっても過言ではありません。
同時に、グローバル、グローバルと迫られても「なんだかなあ」「もうウンザリ」と違和感をもつ方も少なくないはず。
そんなモヤモヤした気持ちをもたらす由縁である「グローバリズム」の正体を丁寧に解きほぐしていく一冊です。

グローバリズムは、資本主義が生き延びるための最後の処方箋かのようにいわれていますが、はたしてそうなのでしょうか?
むしろ資本主義が必然として生み出す副作用ではないでしょうか?
本書ではわたしたちが逃れ得ぬ「グローバリズムという病」に罹患しつつも、それでも生き延びていくための道筋を示します。


【主な内容】
第1部 グローバリズムはどこから来たのか~グローバル信仰とその起源
第1章 「生態系」を破壊するグローバリズムという病
第2章 日本人の独特なグローバル信仰
第3章 「グローバル人材」論と英語力
第4章 銃規制をできないアメリカと、グローバリズムの起源
第5章 グローバリゼーションとグローバリズム

第2部 国民国家を乗っ取る株式会社~経済が社会を牛耳るコーポラティズム
第6章 株式会社対国民国家
第7章 租税回避で海外逃避する企業
第8章 新自由主義の正体
第9章 戦後体制の崩壊と、消えた国民経済
第10章 国民国家の理念に背馳する特定秘密保護法

第3部 グローバリズムはどこへ行くのか~対抗する思想
第11章 グローバリズムとはお金儲けのための世界レベルの競争戦略
第12章 家族制度の長い歴史と株式会社の驚くほど短い歴史
第13章 失われた生活者の思想と、根拠地の思想を求めて

作品詳細情報

タイトル:
グローバリズムという病
ジャンル:
ビジネス・経済経済経済
著者:
平川克美
出版社:
東洋経済新報社
掲載誌:
ファイルサイズ:
1.6MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2014-11-25 ]

グローバリズムとグローバリゼーションの違い、などということ、今まで考えたことありませんでした。
グローバリズムは収奪のハイブリッドシステム…なるほどなぁと。
何だか結局よくわからなかった安倍総理が、どこを見て経済政策をしていたのかよぉくわかりました。国民生活などに目を全く向けてなかったんですね。そりゃ、税金が!福祉が!とピープルが叫んでもカケラも届きませんよね。

いい言葉がたくさん出てきます。引用にも記載しましたが、あと二つほど。

(引用)わたしたちは、ロジカルであるということは言葉の整合性があるかどうかであると思いがちだが、どんなに言葉が整合的であったとしても 、それが部分的なものであれば全体としては不整合であるかもしれないということを疑わなければならない。

これはすべてのロジカルであるということに、物事を見極めるということにあてはまる姿勢でしょうね。
疑ってみるという態度は必要ですよね。

(引用 吉本隆明の言葉)結婚して子供を産み、そして、子供に背かれ、老いてくたばって死ぬ、そういう生活者をもしも想定できるならば、そういう生活の仕方をして生涯を終える者が、いちばん価値のある存在なんだ
(引用 それを噛み砕いた著者の言葉)人間が、普通に生活をしていて、一生涯を生きていくということの意味の重さは、知識を積んだり、事業に成功して大金持ちになったり、会社で役職に就いたり、政治家になって権力の階段を上ったりすることとは無関係であると言っているのだ。

このような人が生きるということの本質について、心から納得、あるいは理解する人がどのくらいいるだろう。
吉本さんの言葉は、平易に本当のことを語っていると思います。

この言葉を知って、何も目に見える価値あるものを残さず苦労の絶えない人生を生きて この世を去った自分の両親も、自分だけにとってではなく充分に価値ある存在だったのだな、と思うことが出来た、ように思います。

同じ著者の作品