ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

ラプソディ・イン・ラブ(PHP文芸文庫)

読み放題プラン:初回入会時30日間無料

読み放題プラン(総合コース)に入会して読む 購入して読む

作品情報

あらすじ

おそらく、これが父の最後の映画。きっと家族で過ごす、最後の時間。俳優たちの台詞は演技か、真実か。――日本映画界を支えてきた名優・笠松市朗は、ろくでなしだった。そのせいで、家族は崩壊した。その笠松の最後の撮影がはじまった。共演者は別れた妻と息子、後妻の息子と彼の恋人、みな、かつて笠松が愛した家族だった。ひとつ屋根の下、それぞれが役者としての矜持を胸に秘め、父でもある笠松とカメラの前に立つ。彼らは「家族を演じる」ことで、再び家族に戻れるのか。虚と実の交錯する物語の幕が開く。連続TVドラマ「東京バンドワゴン―下町大家族物語」の原作者が描く、もうひとつの家族小説。解説:西山繭子。

作品詳細情報

タイトル:
ラプソディ・イン・ラブ(PHP文芸文庫)
ジャンル:
小説ミステリー・サスペンスミステリー・サスペンス(国内)
著者:
小路幸也
出版社:
PHP研究所
掲載誌:
ファイルサイズ:
0.6MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2013-11-21 ]

不思議な設定の小説です。
登場人物は五人。名優・笠松一郎、彼の最初の妻・四ノ宮睦子、二人の息子・園田準一、準一からみたら親子ほど年の離れた異母弟・岡本裕とその婚約者・二品真里。五人は全て非常に優れた役者です。
笠松は(多分)脳を患っており、普段はごく普通の生活が出来るのですが、突然見当識を失うことがあり、余命わずかです。笠松を主人公にした最後の映画を撮る為に、五人は笠松と睦子が新婚時代を過ごした古い日本家屋に集まります。
部屋に仕掛けられた固定カメラと、たった一人のカメラマン。与えられる脚本はごく簡単な、例えば「今日は買い物にでも行って見ませんか」といったもの。セリフは全てアドリブ。監督からは「それぞれが爆弾(発言)を準備しておいて、適切なタイミングで爆発させてください」という指示が出ている。
バラバラになった家族が、一つの家に住みながら演技なのか素なのか、ドキュメントともフィクションともつかぬ映画が撮られて行く。

もともと小説なんてフィクション。その中でドキュメントともフィクションともつかぬ話が進むのですから面白い。
小路さんが描こうとしたのは、一つの家族の世界やその繋がりなのかもしれませんが、奇抜なシチュエーションの下で行われる役者たちの虚々実々の駆け引きの面白さに引かれ、本筋が見えなくなってしまうのが欠点かもしれません。

同じ著者の作品