ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

「子育て」という政治 少子化なのになぜ待機児童が生まれるのか?

猪熊弘子

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

待機児童問題の真実とさらに早まる“保活”の現実2013年に話題となった神奈川県横浜市の待機児童ゼロ達成。実はこれにはウラがあった――。保育所の補助金や児童館、学童保育、そして予防接種ひとつをとっても、すべて国会や地域の議会で決められる。子育てと政治は密接な関係にあるのだ。子育ての現場を長年取材してきた著者が、「子育てとそれに対する政治の対応」を多くのデータを交えながら検証し、日本の子育てを考える。保育新制度の認定区分などの中身や問題点にも触れる、保育関係者必読の書。帯には、哲学者・國分功一郎さんからの推薦文を掲載。●横浜市「待機児童ゼロ」の真実●待機児童の歴史●待機児童はなぜ生まれるのか?●待機児童と保育事故●さらに早まる? 「保活」の現実●「待機児童一揆」はなぜ起こる?●保育士不足と待機児童●保育所という命綱●保育新制度は子育て世代を幸せにするか?猪熊弘子 いのくま・ひろこ/ジャーナリスト・東京都市大学客員准教授/日本女子大学卒。主に就学前の子どもの福祉や教育、女性や家族の問題を中心に取材・執筆、翻訳を行う。『死を招いた保育』(ひとなる書房)で、日本保育学会第49回日私幼賞・保育学文献賞を受賞。

作品詳細情報

タイトル:
「子育て」という政治 少子化なのになぜ待機児童が生まれるのか?
ジャンル:
社会・政治・法律社会社会学
著者:
猪熊弘子
出版社:
KADOKAWA / 角川マガジンズ
掲載誌:
ファイルサイズ:
1.4MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

同じ著者の作品