ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

コミック

女性コミック

男性コミック

小説

ラノベ

雑誌

趣味・実用

ビジネス

2014年版間違いだらけのクルマ選び

保有ポイント 0
あらすじ・作品情報
モーターショーにあわせて登場の新型車もくわしく批評
軽自動車一気乗り比較の特集もアリ!


軽も普通車も外国車も、新技術導入のニューカー続々!
しかし、クルマは本当に良くなっているのか?

2013年のクルマ界は「自動運転」や「モーターショー」など話題盛りだくさん。
久々にクルマに注目が集まり、活気が戻るきざしを見せた一年だった。
デビューするニューカーも、新技術により燃費低減、自動ブレーキも搭載し、
ハイブリッドモデルも選択できるなどのことがごく普通になり、進化のスピードは加速。
しかし、そのおかげで「燃費」「価格」「便利さ」「先進安全技術」と、
クルマのセールスポイントは多様化、クルマ自体も多機能化し、クルマ選びは
今までになくわかりづらく、難しくなったと言える。
そこで『2014年版間違いだらけ』で著者の島下泰久氏が最も重視したのは
クルマの本質。つまり、まっすぐ走り、よく止まり、曲がり、安全で、疲れず、
乗り心地がよいこと。クルマのセールスポイントが多様化したり、クルマが
多機能化したからといって、本質が犠牲になることは許されないからだ。
はたして、国産車に本質極めた「良いクルマ」は増えているのか?
今期はいつにも増して詳細かつ厳しい論評に注目!
タイトル:
2014年版間違いだらけのクルマ選び
ジャンル:
趣味車・バイク
著者:
徳大寺有恒島下泰久
出版社:
草思社
掲載誌:
ブックパス配信開始日:
2014/10/24
書籍発売日:
2013/12/01
ファイルサイズ:
20MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

おすすめ特集