ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

朝日新聞元ソウル特派員が見た「慰安婦虚報」の真実

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

強制連行の「寓話」を生んだのは誰だ!

〈私は、ソウルで伝手をたどり、「戦争中に日本兵や日本人警官に無理やり連れて行かれた娘がいたか。そんな噂を聞いたことがあるか」と60歳を超えた友人の母や、新聞社の幹部、元軍人、大学教授などに尋ね回ったが、そんな噂を聞いたという人は、一人もいなかった。ある人の返事は、「日本人が無理やり娘をさらったりしたら、暴動が起きましたよ」〉
 朝日新聞ソウル特派員として慰安婦問題を取材していた当事者が、「慰安婦報道には誤りがあった」と認め、朝日に訂正を求める初の告発・検証本である。
 強制連行の証言者たち、支援団体、日韓両政府、そして朝日をはじめとするメディア・・・・・・強制連行の「寓話」がなぜ生まれたかが、いま初めて明らかになる。

作品詳細情報

タイトル:
朝日新聞元ソウル特派員が見た「慰安婦虚報」の真実
ジャンル:
社会・政治・法律政治
著者:
前川惠司
出版社:
小学館
掲載誌:
ファイルサイズ:
1.5MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2016-7-31 ]

言ってることは帯通りでしかないし、特段目新しくないような気がするのだが。

文章が読みづらい。主張は結局何なんだ。

同じ著者の作品