ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

プリンキピアを読む ニュートンはいかにして「万有引力」を証明したのか?

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

ニュートンが17世紀に著した『プリンキピア』は、運動の法則や万有引力を基に自然界の仕組みを明らかにし、近代科学の出発点となった。図形を使った幾何学的な手法で力学の様々な難問を証明したニュートンのアプローチは、現代人が読んでも素晴らしく、その天才ぶりに驚嘆させられることだろう。科学史上、最も有名な本のひとつである『プリンキピア』の醍醐味を味わう1冊。(ブルーバックス・2009年5月刊)

作品詳細情報

タイトル:
プリンキピアを読む ニュートンはいかにして「万有引力」を証明したのか?
ジャンル:
サイエンス・テクノロジー数学・物理学・化学物理学
著者:
和田純夫
出版社:
講談社
掲載誌:
ファイルサイズ:
74.8MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2014-12-29 ]

 世界の体系への道。自然は単純を喜び、よけいな原因で飾り立てることを好まない。ゆえに同種の現象については、できるだけ同じ原因をあてがわなければならない。地上で振動する振り子が、地球に向かって落下し続ける月と同一の法則によって振動するなら、それは同一の原因をもつと考えなければならない。したがってそれは同じ力であるとニュートンは結論した。

同じ著者の作品