ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

漢意(からごころ)を否定し、われわれは現に日本人を支えてきた秩序によって生きるしかないという神道論を展開。文芸においては物のあわれを主張した宣長。その思想を追うことは、今日のわれわれ自身を知り、未来に生かすべきものと、同時に克服すべきものも見出すことだと著者はいう。日本思想史に決定的な影響を与えた宣長の本質を鮮やかに浮き彫りにした名著。(講談社学術文庫)

作品詳細情報

タイトル:
本居宣長
ジャンル:
心理・思想・歴史言語・文化文化・民俗
著者:
相良亨
出版社:
講談社
掲載誌:
ファイルサイズ:
0.2MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2012-9-29 ]

西きょうじ氏の本で、度々登場していた本居宣長とは、どんな人物だったのか。

漢意(からごころ)を否定し、日本には天照大御神が君とした天皇がおり、それに従うべきと神道論を展開した。

ありのままに感じ『あはれを知る』ことをよしとし、道理で人を縛る人情にかなわない儒教思想をあしとした。

漢でそのような思想が発展したのは、神がおらず悪人が多い為だと。

面白いことに、最近の中国との領土問題を考えると、今にも通じる部分がある。
コントロールする政府と操られる民衆、コントロールできない政府と自ら動く民衆。
どちらがどちらかは言わずもがな。

神道論にはとても共感できないが、日本人がどういう事を考えて、どういう未来を望んだか、改めて自分たちはそれを知るべきだと思う。

同じ著者の作品