ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

コミック

女性コミック

男性コミック

小説

ラノベ

雑誌

趣味・実用

ビジネス

保有ポイント 0
あらすじ・作品情報
科学は、何を生命として捉え、分析してきたか? 現代生物学が拠って立つ論理と成立構造とは? 「遺伝子」概念が孕む揺らぎとは? ダーウィン以前から、分子生物学や遺伝科学が急速発展するポスト・ゲノムの現代まで「生物学」の成立過程を辿り、「科学の見方」を哲学の視点から問い直す、生命のエピステモロジー。(講談社選書メチエ)
タイトル:
ひとは生命をどのように理解してきたか
ジャンル:
サイエンス・テクノロジー生物・バイオテクノロジー
著者:
山口裕之
出版社:
講談社
掲載誌:
ブックパス配信開始日:
2015/07/24
書籍発売日:
2011/10/10
ファイルサイズ:
1.8MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード