ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

なぜ日本企業は真のグローバル化ができないのか―日本版GOM構築の教科書

読み放題
4/1 0:00まで
価格:1,440(税抜)

読み放題プラン:初回入会時30日間無料

読み放題プラン(総合コース)に入会して読む 購入して読む

作品情報

あらすじ

強い日本型グローバル本社のつくり方

「事業のグローバル化」から「経営のグローバル化」へ
“日本企業ならではの”経営効率化の仕組みをつくる

シーメンス、BASF、LIXIL、日本板硝子、
日本たばこ産業(JT)、京セラ、日立製作所
日独企業の挑戦に学ぶ、GOM構築パターンと「8カ条」

【日本版GOM構築の8カ条】
第1条 事業・地域軸の壁を崩す
第2条 情報をグループ内で「公共財化」する
第3条 機能軸による統制力を強化する
第4条 「守るべきもの」を担保する仕組みを構築する
第5条 GOMを構築し、動かす人材層の厚みを確保する
第6条 グローバルに伝えられる「価値観、行動指針」を“再構築”する
第7条 事業×地域×機能の最適解を議論するマネジメントチームを構築する
第8条 長期にわたるGOM構築シナリオを保持する

日本企業は、グローバルに展開された、各活動のどこを変革し、どこを変えないかを見極める必要がある。
提供する製品・サービス、市場環境によってその処方箋は異なると思われる。
その答えは、おそらく欧米のモデルの模倣ではなく、日本企業独自の事業軸・地域軸を統括するグローバル本社機能を構築することではないか。

本書では、日本企業のマネジメントの問題点(第1章)、海外グローバル企業の事例研究(第2章)、日本企業の取り組み(第3章)、日本型グローバル本社の構築の方向性(第4章)という形で、日本企業ならではの取り組むべきことの処方箋を示している。

作品詳細情報

タイトル:
なぜ日本企業は真のグローバル化ができないのか―日本版GOM構築の教科書
ジャンル:
ビジネス・経済経営経営・経営学
著者:
田口芳昭
出版社:
東洋経済新報社
掲載誌:
ファイルサイズ:
10.4MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2018-3-30 ]

なるほどと思わせる記述も多数散見されました。
個人的には、日本企業がグローバル化ができない理由は、
経営幹部層の日本人:外国人の比率の悪さだと思います。
いうならば、日本人を優遇して、外国人を人事面で差別しているからだと思います。

駐在員制度などは、以前の典型的な海外進出の方法でしたが、
今は、ほとんど、うまくいっていません。

もう、こういう制度も、早く完全撤廃した方がいいと思います。
駐在員制度は、ただ、現地に日本人を送り込んで、連絡係として、
本社の意向通りに操作したいだけです。

現地化といっても、現地に本社の意向をよく聞く現地人を、
安い給料で雇っているだけです。

優秀な人を、安く雇えることを良しと思っている。
これは、グローバル化とは、相反する考え方です。
グローバル化とは、一面の見方では、人事面での公平性のことです。
こういう差別的な人事を行っている企業には、まず優秀な人材が集まりません。
つまり、ほとんどの日本企業には、優秀な人は、行きません。

私は現在中国にいますが、一流と呼ばれる大学の学生は、
まず日本企業なんかには、行きません。

まず、将来性がないことと、差別的人事を行っていると、
多くの学生が知っているからです。現に差別人事を行っています。
ホワイトカラーで雇って、同じ仕事内容なのに、

給料レベルで数倍の違いをつけています。
もし、反対の立場なら、どう思うでしょうか?
でも、それを何とも思わないのが、日本企業です。

今は、ネットの発達で、その手の情報が、
すぐに広まりますから、
日本企業に行く人材の質は、どんどん落ちています。

グローバル化の失敗とは、英語ができないとか、組織の仕組みの問題ではなく、
少なくない日本企業の性質が、グローバル化に適していないからです。

油が水になれないのと同じ論理です。
水になるためには、性質を変えないといけませんが、
それは、公平と平等を受け入れることです。
もし、それを受け入れるならば、多く日本人職員は、職を失います。

よって、グローバル化をするには、少なくとも、
経営陣含めて外国人比率が高いことが、一番確実なグローバル化です。
少々、組織をいじっても、社内を英語オンリーにしても、
比率が変わらない限り、何も意味がありません。

海外現地法人に駐在を置く、置かないというのは、
本質的な問題ではありません。
本質的な問題は、経営層が全て日本人に固められているからです。

外国人に対しての人事は常に閉鎖的です。

グロバール化という言葉には、いろんな捉え方がありますが、
人材面での評価の平等性ならば、
なぜ、経営層に日本人を多く置くのか、わかりません。
それは、先も言いましたが、公平と平等にすると、
自分達が不利になるからです。

この20年で日本企業にはグローバル化の波が押し寄せましたが、
多くの企業は失敗しました。
この20年でGDPも上がってませんし、
労働生産性も企業利益率も上がってません。

フォーブスに出る世界企業500には、
日本企業は数社しか残されてません。
20年前は、数十社が軒を連ねていました。

この20年で、グローバル化の結果は出ています。
つまり、多くの日本企業は世界市場の進出で失敗し、
これからは、ドメスティックな市場争いをするしかなくなりました。
ただし、国内消費市場も、これから、確実に縮小していきます。
今も、その混乱が様々な企業活動を行う上で、深刻な問題として、
発生しています。

これは、もはや解決不能な問題です。