ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

看取り先生の遺言 2000人以上を看取った、がん専門医の「往生伝」

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

あらすじ

詳細を見る

治療こそ医師の使命だ。しかし、治らない患者はどうするのか。肺がん専門医として確固たる地位を築き上げていた岡部健医師は、病院での治療に限界を感じ、宮城県に緩和ケア医院を設立。末期がん患者の訪問介護に注力し、2000人以上を看取った。その岡部医師自身に胃がんが見つかったのは、東日本大震災の一年前だった。自らのがん、震災は、岡部医師の死生観を大きく変えた。医療と宗教の壁を取り払い、「臨床宗教師」の誕生に、死の直前まで取り組んだ。この本は、丹念な取材で知られるノンフィクション作家が170時間以上かけて、岡部医師の語る死生観、抗がん剤への疑問、在宅死、「お迎え」体験の意義などをまとめた「岡部医師の遺言」である。

作品情報

詳細を見る
タイトル:
看取り先生の遺言 2000人以上を看取った、がん専門医の「往生伝」
ジャンル:
医学・薬学・福祉医学
著者:
奥野修司
出版社:
文藝春秋
掲載誌:
ファイルサイズ:
1MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

同一著者の作品