ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

魔女の正体を薬草という観点から解き明かす!2006年発売より好評を得ていた「魔女の薬草箱」が、熱い要望にお答えしてついに電子化!魔女の正体を探る上で重要な数十種類の薬草を取り上げ、それぞれにまつわる魔女のエピソードを紹介します。魔法薬のレシピ/魔女狩り/キリスト教と魔女の関係など今まで表に出ることのなかった秘密が明らかに。『ゲゲゲの鬼太郎』の生みの親、漫画家水木しげるも推薦の一冊。

作品詳細情報

タイトル:
魔女の薬草箱
ジャンル:
サイエンス・テクノロジー生物・バイオテクノロジー
著者:
西村 佑子
出版社:
山と溪谷社
掲載誌:
ファイルサイズ:
36.1MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2018-5-1 ]

魔女の歴史と薬草。写真や絵が多く興味深く読めました。
空飛ぶホウキじゃなくて「空飛ぶ軟膏」だったの。
レシピも載っています。おどろおどろしいレシピ。
女性迫害の歴史と切り離せない魔女ですが(性別関係なくなってましたけど)
知識の低いものが畏怖から多勢でタコ殴りにしていたというイメージですよね。
おどろおどろしいレシピも証言も誘導尋問だったそうなので怖い。
「賢い女」までの流れも面白かったです。
個人的には魔女の云々よりも薬草の作用や使い方など、なぜそうなのか、
外見や汁が効能に繋がるということが面白かったです。