ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

コーヒーの科学 「おいしさ」はどこで生まれるのか

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

今では、我々の生活に欠かすことのできない嗜好品となったコーヒー。その独特の香味はどのように生まれるのだろうか。自家焙煎店で培われた職人の技術と知恵を、科学の視点で徹底分析。味をコントロールし、自分好みのコーヒーを淹れる秘訣が見えてくる。科学論文に基づく知見を踏まえて、コーヒーのさまざまな謎に迫る!

作品詳細情報

タイトル:
コーヒーの科学 「おいしさ」はどこで生まれるのか
ジャンル:
サイエンス・テクノロジー数学・物理学・化学科学
著者:
旦部幸博
出版社:
講談社
掲載誌:
ファイルサイズ:
20.6MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2016-3-31 ]

タイトルの通りコーヒーのおいしさはどこで生まれるのか、といったことからコーヒーに関する雑学を満遍なくカバーしている。さすがブルーバックスシリーズ、素人でもわかりやすく科学に触れられる。

著者の本職はバイオ系の研究者。大学でガンに関わる遺伝子を研究したり、微生物学の講義を行ったりしているとある。どうやらかなりのコーヒーオタクで、本職でのスキルもフル活用してコーヒーの科学を追求しているようだ。参考文献を見てみると、沢山の学術論文が記載されている。

私たちがコーヒーを口にするまでには、
 1.コーヒーノキの栽培、収穫
 2.精製して生豆にする
 3.生豆を焙煎する
 4.焙煎した豆を粉砕する
 5.粉砕したコーヒー粉からコーヒーを抽出する
といった工程があるが、それぞれで驚くほど沢山の要素があり、おいしさに影響する。この本はそれらの要素を科学的に説明しているわけだが、コーヒーから様々な分野の科学につながっていく。それが面白い。

更に言うと、
 6.コーヒーを抽出して口に含んでからどのようにおいしさを感じるのか?
 7.コーヒーを飲んだ後に体にどんな変化があるのか?(覚醒作用とか)
 8.毎日コーヒーを飲んでいたら、体にいいのか悪いのか?
といったことまで扱っている。コーヒーに関する全てを満遍なく網羅していると思う。

個人的には、第4章の『コーヒーの「おいしさ」』がよかった。そもそもどういうものが「おいしい」のかは人によって違う。そんな難しい問題に対して、「味ことば」から「おいしいコーヒー」とはどんなものかを考えたり、人が味を感じる仕組みから考えたりしている。

「おいしい」というのは、突き詰めるととても奥深い。人によっても違うし、同じ人でも年齢と共に変化したり、精神状態によっても変わる。そんな風に、身近なコーヒーから広い概念を再認識できたというのが収穫かもしれない。

同じ著者の作品