ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

箱根駅伝監督 人とチームを育てる、勝利のマネジメント術

読み放題
価格:1,440(税抜)

読み放題プラン:初回入会時30日間無料

読み放題プラン(総合コース)に入会して読む 購入して読む

作品情報

あらすじ

国民的行事、“箱根駅伝”を制するために何が必要なのか?
箱根駅伝出場強豪校の名将たちが明かす、指導哲学&組織づくりの秘訣とは

正月の風物詩「箱根駅伝」、毎年さまざまなドラマが起こる。
各大学の指揮官は、この箱根駅伝出場と優勝を目指して1年間チームづくりを行う。

かつては華の2区ともよばれたが、近年は5区を制するチームが箱根を制すと言われるようになった。

スカウティング、年間スケジュール、トレーニング内容、箱根駅伝予選会の対策、箱根駅伝の区間配置・・・・・・
箱根を目指して戦う、指揮官はどのように勝利のマネジメントを行っているのか。

本書は、長年取材を通じて箱根駅伝出場常連校の監督から聞いた、
マネジメントに関する内容を1冊に凝縮したものである。
今回は本書用に6大学の監督にさらに細かく取材を敢行した。

9者9用の箱根駅伝を制するためのマネジメント術。
これを読めば、2016年正月の箱根駅伝を違った見方で楽しむことができるはずだ。

【目次】

第1章 箱根駅伝を制した最新マネジメント
日本体育大学 東洋大学 青山学院大学

第2章 トップを目指す組織のマネジメント
駒澤大学・大八木弘明監督、東海大学・両角速監督

第3章 “弱者が強者に勝つ”ためのチームマネジメント
亜細亜大学・岡田正裕監督、中央学院大学・川崎勇二監督

第4章 「チーム」と「個」を輝かせるマネジメント
早稲田大学・渡辺康幸前監督(現・住友電工陸上競技部監督)、拓殖大学・米重修一前監督

作品詳細情報

タイトル:
箱根駅伝監督 人とチームを育てる、勝利のマネジメント術
ジャンル:
ビジネス・経済経営企業・組織論
著者:
酒井政人
出版社:
KANZEN
掲載誌:
ファイルサイズ:
13.2MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2016-1-17 ]

 箱根駅伝の「監督」にスポットを当てた一冊。
 近年の優勝校や今年度の「三強」を中心に、9人の監督が紹介されている。
 入学してくる選手のレベルや、チームの目標(優勝かシード権確保か)様々な中、各校の監督の考え方や箱根に対するスタンスの違いも興味深い。特に、高校時代無名の叩き上げの選手が多い拓殖と中央学院の、それぞれの監督のマネジメントの方法が全く違っているのが興味深い。
 ここに紹介されていない大学も含めて、各校・各監督それぞれにチームマネジメントに個性があり、特色があるのが箱根駅伝である。区間配置や選手の育成から、各校の特色の違いを楽しむのも、箱根駅伝の面白い部分である。

同じ著者の作品