ブックパス

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

ヒーローたちの戦うキモチ~ウルトラマンからワンピースまで

読み放題
価格:1,300(税抜)

読み放題プラン:初回登録時30日間無料

読み放題プランに入会して読む 購入して読む

作品情報

あらすじ

30作品の主人公を徹底分析!彼らはなぜ戦うのか?または、なぜ戦わないのか? 「正義のため」はウソくさい。

作品詳細情報

タイトル:
ヒーローたちの戦うキモチ~ウルトラマンからワンピースまで
ジャンル:
趣味エンターテイメントサブカルチャー
著者:
高田明典林延哉
出版社:
サイゾー
掲載誌:
ファイルサイズ:
0.9MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2015-10-3 ]

特撮やアニメのヒーローたちが何故戦うのか、あるいは何故戦わないのかを分析したものだ。そのアプローチのベースになっているのは、主にロジックと類型化であり、全てに賛同するわけではないけれど、説得力のある論理構成で面白いと思った。特に、私自身の本書の直前に偶然読んだ「殺人者はいかに誕生したか」に採用されている心理分析のアプローチととても似ていて、これが心理学の方法論なのだろうかと感じた(心理学を学んだことがないのでわからないけれど)。
ただ、題に「戦うキモチ」と書いてあるのだから、ロジックばかりではなく、もう少し感情にも着目して欲しかったなと思う。ヒーロー達の人物造形はどのような感情の表れなのか、とか。ボクは、人に戦いたいという感情を持たせる要因の大きいものとしては、抑圧から解放されたいという気持ちではないかと思っている。古くは差別からの、そして現在も続く貧困からの解放である。紛争の多くの要因である民族間の対立も多くは差別や貧困と結びつく(あるいは指導者がそれを利用している?)ことが多い。本書に記載されているレインボーマンなんかも、主人公の孤独で厳しい状況はまさに差別や貧困に対する問題提起が埋め込まれているのは明らかだと思うのだ。勿論本書もそのことには触れているけれど、抑圧された状況が感情に与える影響を分析するというアプローチも取り入れて欲しいと思った。例えば、本書では取り上げられていないけれど、サイボーグ009のサイボーグ戦士たち。世界の主要な民族の、特に不幸な生い立ちを背負った彼らがなぜブラックゴーストと戦うのか。あるいは、(ちょっと違うかもしれないけれど)半沢直樹は何故戦うのか、など。本書でも触れられている積極的平和主義や集団的自衛権への警鐘もメッセージとしていくのなら、なおさら必要なアプローチではないかと思う。
続編があるなら是非お願いしたい。