ブックパス

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

陸王 第一章試し読み

池井戸潤
(306)
価格:0(税抜)

作品情報

あらすじ

【本書は、2016年7月8日配信開始の『陸王』第一章が読める、無料試し読み小冊子です】勝利を、信じろ――。足袋作り百年の老舗が、ランニングシューズに挑む。埼玉県行田市にある「こはぜ屋」は、百年の歴史を有する老舗足袋業者だ。といっても、その実態は従業員二十名の零細企業で、業績はジリ貧。社長の宮沢は、銀行から融資を引き出すのにも苦労する日々を送っていた。そんなある日、宮沢はふとしたことから新たな事業計画を思いつく。長年培ってきた足袋業者のノウハウを生かしたランニングシューズを開発してはどうか。社内にプロジェクトチームを立ち上げ、開発に着手する宮沢。しかし、その前には様々な障壁が立ちはだかる。資金難、素材探し、困難を極めるソール(靴底)開発、大手シューズメーカーの妨害――。チームワーク、ものづくりへの情熱、そして仲間との熱い結びつきで難局に立ち向かっていく零細企業・こはぜ屋。はたして、彼らに未来はあるのか?

作品詳細情報

タイトル:
陸王 第一章試し読み
ジャンル:
小説経済・社会小説
著者:
池井戸潤
出版社:
集英社
掲載誌:
ファイルサイズ:
2.7MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2016-10-5 ]

何度もトリハダが立ちました。

一人では乗り越えられない高さの壁も、
信じる仲間と力を合わせれば、必ず乗り越えられる。

度重なるどんな試練だって、きっと大丈夫。

そんなふうに勇気をもらえる池井戸さんとの出会いは『下町ロケット』でした。
個人的には、一躍有名になった「半沢直樹シリーズ」よりも、
こういった昔気質の職人物語が好きです。
あとは巨大組織に闘いを挑む『鉄の骨』『空飛ぶタイヤ』とか。

いつも根底にあるのは”誇り”です。
誠実に努力していれば、いつしか報われる。
正直者が○○を見ない世の中だと思いたいんですよね。

”千里の道も一歩から”
受験勉強をしていたとき、ずっと机に貼っていた言葉を、
読みながらしみじみと思い出していました。

同じ著者の作品