ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

島旅ひとりっぷ

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

次の旅は島に行こう!

日本の島旅を、島好きイラストレーター・松鳥むうがコミックエッセイで提案します。五島列島・福江島の教会で癒されたり、屋久島・口永良部島ではトレッキング&温泉三昧、南大東島では神秘の地底湖を探検、最北限の島・礼文島ではウニ丼に感激し、毎晩歌って踊る熱さ200%の宿に泊まったり。沖縄から北海道まで15の島を紹介。ひとりで旅をしていても気さくな島人と交流する中で“ひとりではない自分”に気付く著者ならではのひとり島旅のベストセレクションです。もちろんふたり以上の旅でもOK! 地図やアクセス方法・レストラン情報もあり、ガイドブックとしても重宝する一冊です。

※フィックス型EPUB47.2MB(校正データ時の数値)

【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。
※この作品はカラーのページを含みます。

作品詳細情報

タイトル:
島旅ひとりっぷ
ジャンル:
小説旅行・紀行
著者:
松鳥むう
出版社:
小学館
掲載誌:
ファイルサイズ:
46.4MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2017-11-4 ]

離島キッチンで食事がてら手に取り、欲しくなり購入。鳩間島。一度訪れただけなのに個人的に思い入れがあり、追体験できてうれしい。干潮時の潮干狩り見たいのができるとは知らなかった。口永良部島ののんびりした空気感が印象に、今は大変なんだろうなと思いつつ。福江島ものんびり。南大東島の隔絶された感も。インガンダルマ、強烈だなあ。あと、個人的にはミーティング強制参加のユースは肌が合わなそうだなあ、と。著者の姿勢が柔軟で無理ない感じで読んでてほっこりした。

同じ著者の作品