ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

蜜蜂と遠雷

恩田陸
(839)

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

俺はまだ、神に愛されているだろうか? ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説。 著者渾身、文句なしの最高傑作! 3年ごとに開催される芳ヶ江国際ピアノコンクール。「ここを制した者は世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝する」ジンクスがあり近年、覇者である新たな才能の出現は音楽界の事件となっていた。養蜂家の父とともに各地を転々とし自宅にピアノを持たない少年・風間塵15歳。かつて天才少女として国内外のジュニアコンクールを制覇しCDデビューもしながら13歳のときの母の突然の死去以来、長らくピアノが弾けなかった栄伝亜夜20歳。音大出身だが今は楽器店勤務のサラリーマンでコンクール年齢制限ギリギリの高島明石28歳。完璧な演奏技術と音楽性で優勝候補と目される名門ジュリアード音楽院のマサル・C・レヴィ=アナトール19歳。彼ら以外にも数多の天才たちが繰り広げる競争という名の自らとの闘い。第1次から3次予選そして本選を勝ち抜き優勝するのは誰なのか?

作品詳細情報

タイトル:
蜜蜂と遠雷
ジャンル:
文学・詩集日本文学
著者:
恩田陸
出版社:
幻冬舎
掲載誌:
ファイルサイズ:
2.5MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2017-4-11 ]

たいへん遅くなりましたが、
直木賞受賞、おめでとうございます!
『夜のピクニック』で出会って以来、ずっと追いかけて来た作家さん。
うれしい。本当に。
この作品で受賞するために、今までノミネートのみで終わっていたのかもしれませんね。

「努力は天才に勝つ」それが通用しない世界があること、
天賦の才を持つ人間ゆえの苦しみに、圧倒されました。

悲しいかな、音感も無く、とくにクラシックには全くといっていいくらい疎い。
それでも、たっぷりとこの素晴らしい音楽の世界を堪能させてもらえました。
たとえへたでも、鍵盤にもう一度触れたくなる。
自分の”音”を奏でたくなる。

夢中で読みました。
そして、ふと気付いたら「ピアノ」や「音」の文字を、
「小説」や「言葉」に変換して読んでいました。

本書より少し引用させてください。
ちっぽけな短い人生のあいだにあたしはピアノに出会って。ピアノに人生の少なからぬ時間を費やし、こうして人に聴いてもらっている。
そのこと自体がいったいどれくらい奇跡なのだろう。この一瞬一瞬、音の一粒一粒が、今たまたま同じ時代、今この場に居合わせた人々に届くとしたら、それはどれほどの奇跡なのか。そう考えると、あまりにも空恐ろしくなってきて、全身が震えてくる。

この文章には、恩田さんの小説家としての想いもあるのではないかと感じました。
同じ時代にたまたま居られたこと、届けてもらえたことに感謝です。

<追記>
これを書いているとき、「本屋大賞」受賞のニュースが!
おめでとうございます!!

同じ著者の作品