ブックパス

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

警察官を定年退職した神場智則は、妻の香代子とお遍路の旅に出た。42年の警察官人生を振り返る旅の途中で、神場は幼女殺害事件の発生を知り、動揺する。16年前、自らも捜査に加わり、犯人逮捕に至った事件と酷似していたのだ。神場の心に深い傷と悔恨を残した、あの事件に――。かつての部下を通して捜査に関わり始めた神場は、消せない過去と向き合い始める。組織への忠誠、正義への信念・・・・・・様々な思いの狭間で葛藤する元警察官が真実を追う、日本推理作家協会賞受賞作家渾身の長編ミステリー!

作品詳細情報

タイトル:
慈雨
ジャンル:
小説ミステリー・サスペンスミステリー・サスペンス(国内)
著者:
柚月裕子
出版社:
集英社
掲載誌:
ファイルサイズ:
0.2MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2016-11-25 ]

16年前の少女誘拐事件で心の傷を負った元刑事と妻がお遍路を通じて夫婦の絆を確かめ合う物語。

行く先々でふたりは過去の出来事を思い出す。それは決して幸せな事ばかりではなかったけど、ふたりの人柄、相手を思いやる心がヒシヒシと伝わってきて、すぐに私はこの本が好きになると思った。
お遍路を続け色んな人に出会い皆それぞれ苦しみを背負っているのだとわかっていくが、神場の心の傷はなかなか癒されない。
刑事ってここまで背負わなければいけないものなのか…。ちょっと背負いすぎではと思う部分もあった。
彼の苦しみを本当に解き放つのは結局犯人逮捕なのだろうな…辛い。もう悪夢を見ていないといいな。神場には素敵な奥さんがいる。だからきっと大丈夫。

「人生は晴れの日と雨の日が、同じくらいがちょうどいい。」心にしみる言葉。願わくばその雨は優しい雨、慈雨になりますように。

同じ著者の作品