ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

図解 クラウゼヴィッツ「戦争論」入門

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

クラウゼヴィッツの『戦争論』は、中国の『孫子の兵法』と並ぶ不朽の兵法書。戦争を「戦略」、「戦術」、「ロジスティクス」の観点から理論的に解明し、さらに「将帥」(トップ層)の精神力を最重要視した点に特徴がある。企業マネジメントにも通じる『戦争論』のエッセンスを、戦史上の事例をケースにしながらわかりやすく解説。※本作品は、『図解 クラウゼヴィッツ「戦争論」は面白い!』(小社刊)を改題、新編集したものです。

作品詳細情報

タイトル:
図解 クラウゼヴィッツ「戦争論」入門
ジャンル:
ビジネス・経済経営企業・組織論
著者:
是本信義
出版社:
KADOKAWA
掲載誌:
ファイルサイズ:
5.9MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2018-12-30 ]

ケーススタディで戦争論を学ぶという書き方になってます。
ロジスティクス(兵站)が重要と書いてますが、本編「戦争論」にはほとんど書いてません。勝手な拡大解釈と思われます。
過去の戦争について詳しくなりますが、戦争論の理解にはあまり役立たないと感じました。

良かった点
・信長の対武田戦略(戦争と政治手段の使い分け)
・真珠湾攻撃は、戦術としては大成功だが、戦略としては大失敗(アメリカの第二次世界大戦介入の名目を与えた)

同じ著者の作品