ブックパス

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

親に壊された心の治し方 「育ちの傷」を癒やす方法がわかる本

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

親から不適切な養育(愛情の薄い子育て、厳しすぎる“しつけ”など)を受けて育つと体が傷つくだけでなく、心にもトラウマが残ります。そのトラウマ(著者は「育ちの傷」と呼んでいます)は、まるで呪いのように、生涯にわたって被害者を苦しめ続け、社会生活を難しくします。本書は、自らもそのトラウマを克服した女性研究者が、「心の癒やし方」を教える本。NHKなどメディアでも紹介された確かな方法です

作品詳細情報

タイトル:
親に壊された心の治し方 「育ちの傷」を癒やす方法がわかる本
ジャンル:
心理・思想・歴史心理学心理一般
著者:
藤木美奈子
出版社:
講談社
掲載誌:
ファイルサイズ:
6.8MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2017-3-25 ]

主にはDVなどの虐待を受けた人々が想定されているけど、後半の話はそれ以外にも当てはまる。

人は強いストレスにさらされ続けると、自己認識が希薄になり、歪んだ信条や固定観念を持ちやすくなる。歪んだ信条を持っている人は、どこにいても気分が低下し、自分はここにいてはいけないと思ってしまう。子供の頃から安心のない家庭で、親の顔色ばかり伺ってきた人は、人の感情に激しく敏感で、否定的な感情を当たり前のものとして生きている。
あ、自分これだわ、と、自分でもびっくり。
思考の転換は簡単ではなく、認識回路を意識して変えていくことで定着を図ることが重要。
自分の場合は、スーパーポジティブスキルだけは長けているので、自己評価が低いってことは、ないかな笑
SEPプログラム、受けたい。

あとは加害者自身が被害者ってことを思い出した。