ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

鉄道配線大研究 乗る、撮る、未来を予測する

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

配線図から鉄道の過去、現在、未来、すべてがわかる! 「鉄道界の知の巨人」が全線乗車取材して描いた配線図シリーズのサブテキスト

作品詳細情報

タイトル:
鉄道配線大研究 乗る、撮る、未来を予測する
ジャンル:
雑誌ホビー&カルチャー鉄道
著者:
川島令三
出版社:
講談社
掲載誌:
ファイルサイズ:
96.4MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2017-7-2 ]

〇駅構内やターミナルの配線を基礎の基礎から解説
筆者の手がける講談社の「【図説】日本の鉄道」シリーズで解説してきた全国各地の鉄道配線から、体系的に日本の鉄道配線の仕組みを解説した本だ。

配線と一言で言っても単純ではない。
単線と複線、複々線を真っ先に浮かべる読者もいようが、駅周辺は各ホームに入るための渡り線や待避線に効率的に移るためのポイントがあったり、駅間でも車両センターや信号所での行き来でもポイントは重要な要素だったりするのだ。

各駅の注目すべき配線、例えば新宿駅はどこの路線からどのルートで各ホームに入ることができるのか、やターミナル駅がどういう思想で配線されているのか、などが解説されており基礎から学ぶことができる。
個人的には、同時発着競合の現状や課題、解決策についての解説がしてある70ページ以降のあたりがおススメである。

配線という若干ニッチなジャンルから、各駅の使い方や路線の使い方などを示唆する内容になると、よりベスト。紙幅の都合でそこまで詳細な分析はできなかったのだろうけれど。

同じ著者の作品