ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

映画と本の意外な関係!(インターナショナル新書)

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

映画のシーンに登場する本や言葉は、映画を読み解くうえで意外な鍵を握っている。本書は、作品に登場する印象的な言葉を紹介し、それに込められた意味や背景を探っていく。原作小説はもちろん、思わぬ関連性を持った書籍、劇中で流れた曲の歌詞にまで深く分け入って解説。紹介する作品は、『007』シリーズや『インターステラー』から、超大国の裏側がわかるドキュメンタリー映画まで。全く新しい映画評論!

作品詳細情報

タイトル:
映画と本の意外な関係!(インターナショナル新書)
ジャンル:
趣味映画・音楽・演劇映画
著者:
町山智浩
出版社:
集英社
掲載誌:
ファイルサイズ:
2.7MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2017-3-25 ]

町山智浩さんは、観たくなる批評する。
「観せる批評」と表現すれば、すごく気が利いていてスマートだろうか。
何をかというと映画を、である。
これまでの著作もそうであった。初めて読んだ「映画の見方がわかる本」から一貫している。

この本において紹介されている、作品群についても同様であり、映画好きだと自負しておきながら未見の作品については、観ねば、いや観たいと思わずにいられない。
ほら、また「観せる批評」に魅せられてしまった。

そんな僕は熱心な映画秘宝読者である。ただのファンだろって?そうだよ。

同じ著者の作品