ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

稲と米の民族誌 アジアの稲作景観を歩く

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

品種、栽培法、調理法など、世界には日本人の想像を超えた稲作・米食の多様な世界が広がっている。本書は、稲の起源を追い求め続ける第一人者が、30年余にわたる研究生活のなかで訪れた、アジア全域に広がる稲作文化の全容を描く一冊。米離れ、食の安全保障など、今日的課題についても目を向けながら、日本人にとっての米の意味についても考察していく。

作品詳細情報

タイトル:
稲と米の民族誌 アジアの稲作景観を歩く
ジャンル:
サイエンス・テクノロジー農業・農学
著者:
佐藤洋一郎
出版社:
NHK出版
掲載誌:
ファイルサイズ:
19.1MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2018-10-23 ]

農学博士による、東アジアにおける稲と米の研究結果をまとめたもの。純粋な研究結果というよりも、研究旅行記といった方が的確かもしれない。書かれているのは、インド、タイ、ラオス、ベトナム、カンボジア、中国の6カ国。研究結果も興味深いが、旅行記部分も楽しく読めた。
「世界には、世界三大穀類と呼ばれる種類がある。米、小麦、トウモロコシの三種で、額面上の生産高はトウモロコシが一位である。しかし、トウモロコシは家畜の餌として消費されたり、アルコールに加工されたりする分が多く、直接人の口に入る分でいうと、じつは米が世界一多く食べられている穀物なのである」p12
「(米栽培には大量の水が必要)1キロの米を作るのに使われる水の量は3トンにもなるという」p13
「(どこでも外食できるわけではない)自由に外食できる環境とは、食べるものに満ちあふれている特異的な環境である」p30
「ここ30年足らずの間に南京の米はずいぶん美味くなった」p258
「(ハイブリッドライス)市販の種子を播いてそれから次世代の種子を得ようとしても、ある場合には彼らは種子をつけず、また仮に種子をつけても、それらを播いてももはや同じ性格のものが出てくることはない。それらの品種は「エフ・ワン」といって、毎世代専門業者の手になる種子を買い続けなければならない。なぜなら、彼らがもともと「他家受粉植物」といってほかの株の花粉でないと受精できない遺伝的な仕組みをもっているからである。植物には他家受精するものと自家受精するものとがある。稲や小麦のように自家受精するものでも、他家受精でできた株のほうが自家受精でできた株よりもよく育つのだ。この原理を雑種強勢という。その詳しいメカニズムはわかっていない」p266

同じ著者の作品