ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

認知症の人がスッと落ち着く言葉かけ

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

読売新聞ほか、メディア多数で紹介された話題の本! すぐに使える知恵が満載! 易しい文章とマンガで楽しく理解できる! 認知症の人のこんな言動を解決する「声かけ」のコツがスイスイわかります。 ●ありもしない物を「盗まれた!」と騒ぐ●暴言をはいたり、大声を出したりする●自宅にいるのに「帰ります」と言う●必要な介助させてくれない●運転をやめようとしない●他の人とケンカになる●セクハラをする

作品詳細情報

タイトル:
認知症の人がスッと落ち着く言葉かけ
ジャンル:
医学・薬学・福祉医学
著者:
右馬埜節子
出版社:
講談社
掲載誌:
ファイルサイズ:
32.6MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2019-1-29 ]

この前「ミステリーということなかれ」のなかで(マンガです)認知症の人がうちに帰りたがるので、施設の前にバス停とベンチ(偽物)を置いたところ、たいていはそこにすわるだけで満足してくれる、という話を読んだばかりですが、この本は一冊丸ごとそういう極意が書いてある本です。
向こうの妄想は直しようがないのだから、こちらがどれだけ向こうの世界に合わせるられるか、なんだよね。
それを“認知症の人を騙している”という人もいるそうだけど、それは騙しとは違うでしょう。
それは“優しさ”だよね。
騙し、と思う人は向こうをこっちの都合に合わせさせようとしているわけで、そんなことはできっこないのだから、はじめからできないことをやれ、と相手に強要していることになるんだから……。

というわけで、まだ関係ないや、と思ってるうちに読んどくといいよ。
関係ないときは冷静に読めるからね。
そして、中高にはいれてくださいね。
これから看護の仕事を選ぶ生徒は多いはずなのだから。

2019/01/30 更新

同じ著者の作品