ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

不安・恐怖症のこころ模様 パニック障害患者の心性と人間像

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

理由なく湧きあがってくる不安に襲われるパニック発作。パニック発作を中心症状とするパニック障害はどうして起こるのだろうか。不安の根源、患者特有の精神症状、うつとの関係。これまで一般には示されていなかったパニック障害患者の人間像を、日本における治療・研究の第一人者が実例をあげて解き明かす。不安・恐怖の病は人をどう変えていくのか。パニック障害患者がたどる、こころの曲折と変貌がわかる。

作品詳細情報

タイトル:
不安・恐怖症のこころ模様 パニック障害患者の心性と人間像
ジャンル:
医学・薬学・福祉医学
著者:
貝谷久宣
出版社:
講談社
掲載誌:
ファイルサイズ:
2.7MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2010-4-18 ]

パニック発作は激しい恐怖感や不安感が襲います。
恐怖症の人はどの人も感覚が鋭敏で第5感を超えて第6感が研ぎ澄まされている人が多い。
恐怖症の人は何ごとに対しても不安を持ちやすく、自然とか神仏に対する畏敬の念を持ち、その結果、神仏の存在を信じ、予言とか占いに傾きやすい。
パニック障害の患者さんの中には発作的でなく不安、抑うつ発作の症状がじわーと持続的に表れることがありあます。孤独感もそのような形で現れれることがあります。

同じ著者の作品