ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

一冊で差がつく!将棋 上達のコツ50 勝ち方がわかる本

読み放題プラン:初回入会時30日間無料

読み放題プラン(総合コース)に入会して読む 購入して読む

作品情報

あらすじ

めざせ名人! 必ず知っておきたい基本と「対局で勝つ」ためのポイントをわかりやすく解説します。

序盤(じょばん)
定跡(じょうせき)と囲(かこ)いを覚えて強い陣地(じんち)をつくる。

中盤(ちゅうばん)
手筋(てすじ)と格言(かくげん)で駒(こま)の動かし方をマスター。

終盤(しゅうばん)
詰(つ)め将棋を通して確かな寄(よ)せが身につく。


*****
目次
*****

◎ 第1章
将棋は礼に始まり、礼に終わる

◎ 第2章
将棋に勝つための「基本」を知ろう
◆1 最初の一手は何か?
◆2 飛車(ひしゃ)の位置、居飛車(いびしゃ)と振り飛車(ふりびしゃ)
◆3 なぜ“王”を囲わないといけないのか?
◆4 陣形(じんけい)のバランス

◎ 第3章
手筋と格言で将棋に強くなる
手筋を覚えて棋力(きりょく)アップ
◆1 桂(けい)、香(きょう)、金(きん)、銀(ぎん)、角(かく)、飛(ひ)の手筋
◆2 歩(ふ)、玉(ぎょく)の手筋
◆3 格言いろいろ

第4章
詰め将棋10題
なぜ詰め将棋が棋力アップにつながるのか!


◆ ◇ ◆ はじめに ◆ ◇ ◆

現在の将棋がほぼ完成したのは、織田信長(おだのぶなが)などが活躍していた戦国時代(1467年の応仁の乱から1573年に室町幕府が滅びる)という遠い昔の頃とされています。今から約500年前の人たちが、今と同じように将棋盤(しょうぎばん)という81のマス目の上に8種類40枚の駒を並べ、相手の玉(王)を取るための闘いをしていたのです。こんな長い間に渡って、人々に親しまれてきたというだけでも将棋というゲームの奥の深さがわかってもらえるでしょう。

駒の動かし方などのルールさえ覚えれば、幼稚園に通う小さな子どもでも指すことができます。また、70年以上に渡り、将棋を趣味(しゅみ)にしている80歳、90歳という高齢者の方もいます。将棋は5歳の子どもと90歳の人が戦うことのできるゲームなのです。この歴史や世代の幅だけでも将棋には奥深さがあります。

本書は、すでに将棋のルールを知っている子どもたちの、「さらに強くなるためには、どうしたらよいのだろうか」という気持ちにこたえられるよう制作しています。「なぜこの手を指すのか?」という「なぜ」を考えたり、手筋や定跡という実践(じっせん)に役立つことを「格言」などで紹介(しょうかい)しながら、説明(せつめい)しています。本書を手にしていただき、将棋のおもしろさにもっと気づき、より強くなってもらいたいと願っています。

監修 九段 屋敷 伸之(やしき のぶゆき)


※ 本書は2009年発行の「めざせ名人!将棋で勝つための本」を元に加筆・修正しています。

作品詳細情報

タイトル:
一冊で差がつく!将棋 上達のコツ50 勝ち方がわかる本
ジャンル:
趣味その他の趣味囲碁・将棋
著者:
屋敷伸之
出版社:
Mates-Publising
掲載誌:
ファイルサイズ:
32.4MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

同じ著者の作品