ブックパス

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

遷都1300年 人物で読む 平城京の歴史[奈良の都を彩った主役・脇役・悪役]

河合敦
(4)

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

奈良を都とした70余年の間、平城京に生きた人びとの姿を通じて描く歴史読み物。政権交代が繰り返される激動の時代であった一方、官僚システムが構築され、唐などとの国際交流からグローバルな天平文化が花開いた奈良時代。持統天皇、藤原四兄弟、聖武天皇、行基、鑑真、吉備真備、阿倍仲麻呂など歴史上の有名人物を中心にわかりやすい時系列で解説。当時の食べ物、古事記と日本書紀の隠された目的など豆知識コラムも満載

作品詳細情報

タイトル:
遷都1300年 人物で読む 平城京の歴史[奈良の都を彩った主役・脇役・悪役]
ジャンル:
心理・思想・歴史歴史・地理日本史
著者:
河合敦
出版社:
講談社
掲載誌:
第一事業局ソフトカバーシリーズ
ファイルサイズ:
14.6MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2012-8-24 ]

最近、時代小説よりも史実に基づいて丁寧に解説してくれる本のほうが面白くって!

この本は人物を切り口に奈良時代の解説をしているものなのだけど、意外にも奈良時代全体を網羅してる気がします。
だって、この人忘れてるよ!と言う人物が思いつかない。
しいていえば薬子?でもこれは平安時代でしょうね・・・

遣唐使や蝦夷討伐のことはあまり知らなくて、でもそんなに興味もなくて、と言う感じだったからほどよく流れがわかったのは収穫でした。
また、古代史は資料が極端に少ないため研究者によって解釈の違うことが多いのですが、それを頭の中で比較しながら読めたのも楽しかったです。

同じ著者の作品