ブックパス

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

「きたない子育て」はいいことだらけ!

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

アレルギー、ぜんそく、アトピー、肥満、炎症性腸疾患、うつ、ADHD・・・・・・
すべて腸内細菌のしわざだった!

哺乳瓶は殺菌しない、食器は適当に洗う、昆虫に触ってもすぐ洗わない、
犬のよだれはアレルギー予防になる、などなど驚きの新事実が満載。
腸内環境を豊かにし、子どもを心身ともに強くする科学的育児法!

【著者紹介】
ブレット・フィンレー
B.Brett Finlay,PhD.
カナダのブリティッシュ・コロンビア大学教授。バクテリア感染に関する世界的権威。30年に及ぶ微生物研究で、450本の論文を発表する一方で、バイオテクノロジーベンチャーのInimex、Vedanta、Microbiome Insightsの創業者でもある。カナダの民間人が受けることのできる最高位の勲章、Order of Canadaの受勲者。

マリー=クレア・アリエッタ
Marie-Claire Arrieta,PhD.
カナダのカルガリー大学准教授。腸内細菌と免疫についての研究者。最近の乳児のぜんそくと重要腸内細菌群欠如についての研究は、2015年にこの分野のブレークスルーとして注目され、世界中のメディアで取り上げられた。これまでにGastroenterology、PNAS、Science Translational Medicineなど、主要な学術誌に論文を発表している。

【目次より】
◆第1部 わたしたちは微生物でできている
1章 微生物と触れ合う子どもたち
2章 ヒト・マイクロバイオームとは何か

◆第2部 子育てと微生物
3章 妊娠:何を食べるべきか
4章 出産:微生物にまみれてこんにちは
5章 母乳と微生物
6章 離乳食:健康人生を決める食習慣
7章 抗生物質:マイクロバイオータへの絨毯爆撃
8章 ペットを味方につける
9章 「清潔習慣」病が子どもを弱くする

◆第3部 微生物と病気
10章 肥満:現代の流行病
11章 糖尿病:子どもの患者が増えている
12章 腸の病気:腸にとって受難の時代
13章 ぜんそくとアレルギー:微生物が呼吸を楽にする
14章 マイクロバイオータと脳
15章 ワクチンに対する正しい理解
16章 微生物を薬に

作品詳細情報

タイトル:
「きたない子育て」はいいことだらけ!
ジャンル:
実用暮らし・家庭しつけ・子育て
著者:
熊谷玲美ブレット・フィンレーマリー=クレア・アリエッタ
出版社:
プレジデント社
掲載誌:
ファイルサイズ:
0.5MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2018-2-13 ]

子育ての本、と思いきや、腸内細菌(マイクロバイオーター)の話でした。しかも、子育てというよりかは、出産の話も多く、後半は病気の話も多く、タイトルは偏っていますね。

内容は、最新の研究成果も交えた、とても為になる話。やや偏っているけど、実例に即した問題意識から、マイクロバイオーターの効果の可能性(あくまで研究段階)という話な展開をしているので、読みやすい。けど、病気の話は専門的すぎて、あんまりついていけませんでした。

これからの研究結果が楽しみなのと、神経質になりすぎず、汚いくらいがちょうど良いというくらいで子育てに取り組むのが良いですね。

抗生物質との接し方、腸内細菌を育てるという考え方、病気になった際の治療法、もしくは自分を知る為に腸内細菌を知り、自分を変える為に腸内細菌を変える、腸内細菌とともに生きる、そんな考え方が、とても素敵でした。

腸内細菌にコントロールされる、というのは少し怖いですが。

マイクロバイオーターが切り開く未来が描かれている一冊でした。