ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

きょうも傍聴席にいます

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

殺人など事件が起きると、警察、被害者の遺族、容疑者の知人らへの取材に奔走する新聞記者。その記者がほとんど初めて、容疑者本人を目にするのが法廷だ。傍聴席で本人の表情に目をこらし、肉声に耳を澄ましていると、事件は当初報じられたものとは違う様相を帯びてくる――。自分なら一線を越えずにいられたか? 何が善で何が悪なのか? 記者が紙面の短い記事では伝えきれない思いを託して綴る、朝日新聞デジタル版連載「きょうも傍聴席にいます。」。「泣けた」「他人事ではない」と毎回大きな反響を呼ぶ28編を書籍化。

作品詳細情報

タイトル:
きょうも傍聴席にいます
ジャンル:
実用教養ドキュメンタリー
著者:
朝日新聞社会部
出版社:
幻冬舎
掲載誌:
ファイルサイズ:
0.4MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2018-1-19 ]

虚しさ、怒り、憤り・・・。


一つ一つの裁判の様子を読み終えるたびに、ふつふつと生まれてくるこの感情をいったいどんな言葉で表現したら良いのだろうか。

今の僕にはそれを表現するに適した言葉はわからない。

同じ著者の作品